2015年12月10日

★ガ クロスジフユエダシャク

クロスジフユエダシャク♂6786s.jpg
クロスジフユエダシャク♂(シャクガ科)開帳約25mm 111216

冬になったなあ〜と思う頃ころ、かれ葉色をした小さなガが雑木林のかれ葉の上をチラチラと飛び始める。冬に成虫が発生し、繁殖(はんしょく)活動を行うガのなかまで、それらは総称して「フユシャク」と呼ばれている。

クロスジフユエダシャク♂6700s.jpg
クロスジフユエダシャク♂ 111216

フユシャクのなかまは、口が退化していて、エサをとらないものが多い。♀は翅が退化していて、無いか、ほんの少しあるくらいで飛べない。♂と♀がまるでちがう形をしている。

クロスジフユエダシャク♂6710s.jpg
クロスジフユエダシャク♂ 111216

たいていのフユシャクは夕方〜夜に活動するが、この種は昼間活動する。飛ぶ虫の少なくなったフィールドでは、ついつい追いかけてしまうが、とまったかと思うとかれ葉にまぎれ、またすぐに飛び立つのでカメラにおさめにくい。

クロスジフユエダシャク♂6708 遠景cs.jpg
クロスジフユエダシャク♂ 151208

かれ葉すれすれに低空飛行をしながら、ちょっととまってはまたウロウロと飛び回っているのにはワケがあるのだった。
こちらのサイトにとても詳しく書かれているのでご参考に。

posted by はけの森調査隊 at 12:10| Comment(0) | 12月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。