2017年02月27日

★活動報告 第79回はけの森調査会<冬ごしの虫をさがそう!>報告

第79回はけの森調査会<冬ごしの虫をさがそう!>報告

17/02/19(日)9:30〜12:00 はれ 気温12℃  参加24名
コース:野川公園入り口(二枚橋)〜わき水広場

良い天気になりました。冬の間、建物のカベや軒下で冬を越す生きもののも多いので、まずはトイレのまわりから観察をはじめました。

ヒメミノガ空蓑7846cs.jpg ネグロミノガ空蓑7847s.jpg
ヒメミノガ(ミノガ科)の大きさ約9mm    ネグロミノガ(ミノガ科)蓑の大きさ約23mm

オオミノガ幼虫00622ss.jpg  オオミノガ見てる0003.jpg
オオミノガ(ミノガ科)ミノの長さ約5cm A.I.氏撮      ここにもいるよ

トイレのカベにはヒメミノガとネグロミノガの空蓑(みの)、ゴキブリの卵鞘(らんしょう)などがついていました。掲示板の軒下には大きなオオミノガの幼虫がぶら下がっていました。ニトベミノガかと見間違いそうな大きな葉をつけいています。

オオカマキリ卵鞘見てる0009cs.jpg オオカマキリ卵鞘00623cs.jpg
あそこにもあるよ!                    オオカマキリの卵鞘

クワの木にオオカマキリの卵鞘が2個ついていました。5月頃孵化(ふか)します。

虫見てる0008.jpg
あっ!テントウムシだ

ナナホシテントウ7824s.jpg
ナナホシテントウ(テントウムシ科)

日だまりの草の間にナナホシテントウを見つけました。まだ越冬シーズンですが、暖かい時は出てきて動きまわります。

ツグミ00709s.jpg
ツグミ(ヒタキ科)                          A.I.氏撮

冬になるとシベリア方面からやって来る鳥、明るく開けた場所が好きで、よく土をほじくってミミズや小昆虫を食べています。ウオーキングと呼ばれる普通の歩き方もしますが、ホッピング(両足とび)をする姿が印象的です。

ムクロジの実0020s.jpg  ヨコヅナサシガメ幼虫s.jpg
ムクロジ(ムクロジ科)の実        ヨコヅナサシガメ(サシガメ科)幼虫

観察園のフェンスの外側にムクロジの実が落ちていました。黒い種はとてもかたく、羽根つきの羽の材料になったり、数珠(じゅず)にしたり、外の皮は石けんの代用にされたりしてきました。参考:おもしろい木の実ムクロジ
ヨコヅナサシガメは帰化種で、初夏には成虫になります。肉食性で、つかむと刺されることがありますので要注意。

エノキのおち葉0027s.jpg
なかなか見つからないな〜

エノキの周りで、おち葉にくっついて越冬するゴマダラチョウ類の幼虫さがし。冬の調査会では、ほぼ毎年幼虫さがしをしていますが、3〜4年に1度くらいは幼虫が見つかります。

水の中の生きもの探し0041s.jpg
網の中を見る0052 s.jpg
これは何だろう!

採集物を見る0067s.jpg
これはヘビトンボの幼虫、きれいな水に住んでいます・・・

オニヤンマ幼虫大小s00637.jpg ヘビトンボ幼・カワニナ00651s.jpg
オニヤンマ幼虫       A.I.氏撮  カワニナ・ヘビトンボ幼虫   A.I.氏撮

カワゲラ・オニヤンマ若令×200650s.jpg
フタツメカワゲラ幼虫・ミズムシ・カワエビのなかま・オニヤンマ若令幼虫 A.I.氏撮

広場の流れには、いろいろな小さな生きものがいました。お話を聞いたあとは、もとの場所へもどしました。

記念品授与2190196.jpg ドングリ記念品00652s.jpg
これからもずっと参加してね!

調査会出席回数が9回を超えた隊員S.A.君とT.A.さん(当日欠席)姉弟に、ドングリ記念品が贈られました。

その他観察したもの



posted by はけの森調査隊 at 11:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 2月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/447397993
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック