2017年06月12日

★活動報告 2017第2回はけの森ミニ調査会報告

第2回はけの森ミニ調査会 
2017/05/14(日)実施 はけの森緑地2にて  くもり  気温20℃  参加18名

緑地遠景0014.jpg

4月の頃はタンポポやムラサキハナナが咲きそろって花畑のようだった緑地は草ボウボウの野原となり、木々の緑も増して、くもりがちのこの日はうすぐらいほどです。

ホソヒラタアブ.jpg
ホソヒラタアブ(ハナアブ科)約10mm                                            A.K.氏撮

ハルジオンの蜜を吸っている小さなハナアブ。ヒラタアブのなかまはたくさんいますが、この辺で一番良く見かけるのはこのホソヒラタアブです。

ホソヒラタアブさなぎ    約7mm     ゾウムシ(ゾウムシ科)のなかま 約5mm

マガリケムシヒキ02940s.jpg
マガリケムシヒキ(ムシヒキアブ科) 体長約18mm                               A.K.氏撮

いろいろな小昆虫を食べます。頭の後の毛の束が直角にまがっていることからこの名がつきました。緑地のあちこちで見られました。

カラスノエンドウ茂みs0010.jpg
テントウムシ、たくさんいるよ〜〜

ナナホシ幼虫9047s.jpg

ナミテントウ幼虫s.jpg  ナミテン蛹9007s.jpg   アブラムシ9049cs.jpg
ナミテントウ幼虫(蛹になる準備) ナミテントウサナギ      アブラムシ

カラスノエンドウが茂った一角があり、そこはテントウムシだらけ。一番多くいたのは、ナナホシテントウの幼虫。成虫も数匹、サナギやサナギがらもありました。幼虫も成虫もアブラムシを食べます。カラスノエンドウにはアブラムシがいっぱい。

虫カゴ見てる0012.jpg
いろんな虫入ってるよ!

           花かご5533.jpg     花かご5536.jpg
     K.K.さんの作品         T.T.さんの作品

フィルムケースを利用した花かごを作りました。個性的で素敵です。

ハナアブ幼虫・ミジンコ5549s.jpg
ハナアブの幼虫・ミジンコ

昨年11月のリニューアル後初の池の生きもの調べです。「これな〜に?」と皆びっくりしたのはハナアブの幼虫です。ハナアブのなかまには、幼虫が水の中で育つ種(オオハナアブ等)もいます。呼吸管(シッポのように見える)は、のばしたりちぢめたりするらしく、他の3匹はこの 1/3くらいでした。水中の腐食質を食べます。ヤゴは見つかりませんでした。

モノアラガイ5556s.jpgモノアラガイの卵.jpg
モノアラガイ(モノアラガイ科)               モノアラガイの卵

ボウフラのサナギ 約2mm       ファーブルでミジンコを見る 

黒い小さな生きものがすばしこく水中を動いていました。後で調べた結果、ボウフラのサナギ(通称オニボウフラ)と判明。この写真は、上から撮ったのでシッポの部分が見えていません。サナギなのに動きます。

 全景360度s.jpg
観察風景                              A.K.氏撮

A.K.隊員が撮って下さった、全周天レンズ撮影の観察風景です。

その他観察したもの
セイヨウミツバチ・キバラモクメキリガ幼虫・コメツキムシのなかま・ヒシバッタ・チャバネゴキブリ幼虫・オタマジャクシ・アメリカザリガニ×3

posted by はけの森調査隊 at 12:00| Comment(0) | 5月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。