2017年06月25日

★その他の昆虫 ウスバカゲロウ

ウスバカゲロウs.jpg
ウスバカゲロウ(ウスバカゲロウ科)前翅長約40mm    170622

R.Y.隊員(小2)から楽しいお便りと写真が届きましたので紹介します。

「きのう、大雨だったですよね。
学校から帰る途中、ウスバカゲロウが雨宿りをしていました。
で、家に持って帰って みました。
写真をとってみたので、みてください。
前、虫調査で捕まえたアリジゴクもげんきですよ。
去年、ホームセンターで買ったアリジゴクは
無事に冬を越して、さいきん沢山えさを食べています。」

ウスバカゲロウの幼虫はご存知アリジゴク、野川公園のベンチの下や建物の軒下にも巣があります。6月頃から成虫が見られるようになります。夜行性ですが、昼間でも、うすぐらいところでジッとしていたり、フワーッと飛ぶのを見かけることがあります。
飼っているアリジゴクも、うまく成虫になるといいですね。


posted by はけの森調査隊 at 14:06| Comment(0) | 6月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。