2017年09月28日

★活動報告 2017第3回はけの森ミニ調査会報告

第3回はけの森ミニ調査会 
2017/09/10(日)実施 はけの森緑地2にて はれ  気温29℃  参加10名

はけ遠景cs.jpg

2学期がはじまり、はけの森にも秋の気配、ツクツクボウシの声が響いています。

捕虫網0001s.jpg
アッ、チョウチョ!

つかまえた!0004s.jpg つかまえた0003sjpg.jpg
はいった!   
             
草の間をよく見ると、小さなハチやアブやバッタのなかまがいて、時おりチョウが飛んできます。皆走り回っていろいろなものをつかまえました。

ヤマトシジミ5022s.jpg
ヤマトシジミ(シジミチョウ科)

コミスジ1250s.jpg リスアカネvs9912.jpg
コミスジ(タテハチョウ科)開帳約50mm  リスアカネ(トンボ科)

何の巣かしら?0008cvs.jpg ニシザワメイガ0517cs.jpg
何の巣かしら?             ニシザワマダラメイガ幼虫の空巣

ニシザワマダラメイガ0680s.jpg     ニシザワマダラメイガ幼虫の巣0668s.jpg
ニシザワマダラメイガ幼虫(メイガ科)約13mm  ニシザワマダラメイガ幼虫の巣

シロダモ(クスノキ科)に、何かの巣か繭のようなものがあるのを初参加のH.H.さんが見つけました。ガの空繭かなと思っていたのですが、帰ってから調べたところ、ニシザワマダラメイガ幼虫の空巣だということがわかりました。
翌日もう一度シロダモの木を見に行ってみると、まだ幼虫が入っているらしい巣がいくつかありました。中をソッと開けてみると、幼虫が入っていました。この巣の中には何匹か入っていて、葉を食べながら巣の中でくらしているようです。

ナガサキアゲハ見てる0011s.jpg
シッポは無いよ・・・

ナガサキアゲハが、時々緑地を旋回して、どこかへ飛んでいきます。初参加家族のお父さんが、ついに網に入れることができました。箱の中のチョウをよく見ようと皆大さわぎ。ナガサキアゲハは、他の黒いアゲハチョウと違って尾状突起(尾状突起)が無く、裏翅のつけ根に赤い斑があるのが特ちょうです。緑地では、春や秋のミニ調査会で時々観察しています。

トカゲ持ってるs.jpgトカゲを逃がす0016cs.jpg
かわいいな〜            ニホントカゲ幼体(トカゲ科)

草の間にトカゲの幼体がいました。いつまでも遊んでいたくて、逃がす時は名残りおしそう。ニホンカナヘビの幼体もいました。2種とも緑地に住みついています。

アブラゼミぬけ殻0612s.jpg
アブラゼ羽化殻  

緑地のいたるところにアブラゼミのぬけ殻がありました。ミンミンゼミのぬけ殻はアブラゼミによく似ているので、よく調べたら1〜2個はまじっているかもしれませんが、今回はぬけ殻調べは省略しました。

アオマツムシ♀0515s.jpg アブラゼミのぬけ殻0020s.jpg
アオマツムシ♀(コオロギ科)    アブラゼミ羽化殻 まだたくさん木についている

アオマツムシは、中国からの外来種。♂は違うもようをしていて、木の上でリーリーと鳴きます。

貝みたいだね0024.jpg サカマキガイ0526s.jpg
貝みたいなのがいるよ・・・ ヒメモノアラガイ?(サカマキガイ科)殻高約10mm

クロスジギンヤンマ中令幼虫0521cs.jpg ヤブヤンマ若幼虫0520s.jpg
クロスジギンヤンマ(ヤンマ科)中令幼虫 ヤブヤンマ(ヤンマ科)若令幼虫 約15mm

池には、クロスジギンヤンマとヤブヤンマのヤゴがいました。去年の秋のリニューアル(161013)後、初めて見つかったヤゴです。これからまたどんなヤゴが見つかるか楽しみですね。

その他観察したもの

ヒカゲチョウキタキチョウアオスジアゲハ・アメリカザリガニ×2・等


posted by はけの森調査隊 at 17:23| Comment(0) | 9月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。