2018年01月13日

★ハチ ホウネンタワラチビアメバチ空き繭

ホウネンタワラチビアメバチ2212s.jpg
 ホウネンタワラチビアメバチ(ヒメバチ科)空マユ 繭約5mm 180110 府中市

雑木林のはずれの小さなエノキの枝に、ホウネンタワラチビアメバチの空きマユを見つけた。4年前の5月に見つけた場所の近くだ。4年前には、その近くに別のチビアメバチのなかまのマユもあった。この辺りは、これらの種が生息するのに適した環境なのだろう。年明けの初観察で「豊年俵」に出会えたはめでたいことかもしれない。

ホウネンタワラチビアメバチ2204s.jpg
ホウネンタワラチビアメバチ(ヒメバチ科)空繭 180110 府中市

反対側には、ハチが成虫になって脱出した穴が空いている。去年の夏に羽化したのだろう。ゴミのようなものが糸でつながっている。チョウやガの幼虫に寄生するとのことなので、その残がいかと思うが、枯れ葉がくっついたのか、幼虫の残骸とは思えないようなものになっている。





posted by はけの森調査隊 at 17:14| Comment(0) | 1月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。