2018年01月24日

★ガ ヒメエグリバ産卵

171027ヒメエグリバ産卵1852s.jpg
ヒメエグリバ♀(ヤガ科)産卵 前翅長 約20mm  171027

昨年の秋、ヒメエグリバの幼虫を飼育し、幼虫〜蛹まで、と羽化したところまでの記事はUPしたが、その後の様子を報告する。♀は10月14日に羽化し、♂は22日に羽化し、同じ箱に入れておいた。♀の羽化後約2週間後の27日の朝、たくさんの卵がアオツヅラフジの葉に産み付けられていた。

ヒメエグリバ卵多1856s.jpg
ヒメエグリバの卵 171027

アオツヅラフジの葉のあちこちに産卵されていて、かためて産んであるところもある。

ヒメエグリバ卵1個1838s.jpg
ヒメエグリバの卵 171027

卵の大きさは、1mmにもならないほど小さい。
その後も、毎日のように産み付けれていて、50~60個くらいになったが、一向に孵化せず、楽しみにしていた幼虫を見ることはできなかった。無精卵だったのだろうか。
成虫2匹は、いつ見ても葉の上や箱の壁でジッとしていて、エサに入れておいたブドウ等を吸っている姿も見かけなかったが、12月半ばごろまで生き続け、ついに越冬できず(成虫越冬することもあるらしい)死んでしまった。


posted by はけの森調査隊 at 16:39| Comment(0) | 1月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。