2018年05月09日

★トンボ クロスジギンヤンマ羽化

クロスジギンヤンマ幼葉に上る0003s.jpg
クロスジギンヤンマ(ヤンマ科)幼虫約50mm180429

今年は季節の進みが早く、生きものたちの出現も例年より1週間〜10日くらい早くなっている。4月下旬から、クロスジギンヤンマが続々と羽化している。夜の9:30頃、これから羽化しようと池のショウブに上ってきたヤゴがいた。

クロスジギンヤンマ羽化始まり0002cs.jpg
クロスジギンヤンマ(ヤンマ科)幼虫羽化始まり 180429

その奥には、ちょうど身体を出しかけているものがいた。これから3時間くらいかかって羽化を完了させ、夜明けと共に飛び立つ。

クロスジギンヤンマ♂8846s.jpg
クロスジギンヤンマ♂羽化 120504

6年前の朝9時頃、セキショウの葉に、羽化したばかりの♂がジッとまっていた。いつもならとっくに飛び立ってしまっているはずなのだが、この日は小雨が降っていたので、雨の止むのを待っているようだった。

☆クロスジギンヤンマ羽化の様子は、クロスジギンヤンマ♀の羽化(100511付記事)をご参照ください。
☆トンボの羽化には、2つの型があります。
倒垂型:カワトンボ科・ヤンマ科・トンボ科等
直立型:イトトンボ科・アオイトトンボ科サナエトンボ科

posted by はけの森調査隊 at 11:56| Comment(0) | 4月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。