2018年10月11日

★バッタのなかま ササキリ・ヤブキリ

ササキリ♂1390 s.jpg
ササキリ♂(キリギリス科)体長約15mm 171008

昨年のちょうど今頃、オギの茂みにクロコノマチョウの幼虫がいないかとさがしていたら、触角のとても長い小さなバッタのなかまがいた。うす暗い林のササ類の茂みの中などに住んでいて、あまり目立たない。小さい声でジリジリ===と鳴く。

ササキリ♂1394 s.jpg
ササキリ♂(キリギリス科)171008

幼虫も成虫も名前の通りササ類を食べる。頭から背中、足先とヒザが黒いのが特ちょう。

ヤブキリ♂4714s.jpg
ヤブキリ♂(キリギリス科)体長約35mm 160712 

ヤブキリは、身体も大きく、セミやカマキリもつかまえて食べてしまうほどの獰猛(どうもう)な肉食性のバッタのなかま。木の茂みや丈の高い草むらに住み、6月頃から大きな声でジーーーと鳴く。この声を聞くと、夏の訪れを感じる。

ヤブキリ幼♂2051s.jpg
ヤブキリ幼虫 約25mm 150610

若令幼虫のうちは草食性だが、成長するにつれて肉食性が強くなる。キリギリスの幼虫に似ているが背中の黒いスジが1本であることで区別できる。
posted by はけの森調査隊 at 21:21| Comment(0) | 10月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。