2018年11月26日

★活動報告 2018第4回はけの森ミニ調査会報告

第4回はけの森ミニ調査会報告
2018/11/11(日)実施 はけの森緑地2にて  晴れ 気温20℃ 参加19名

緑地風景0015s.jpg

おだやかな秋の日が差し込む、静かな緑地です。いつもの隊員たちや初参加のお友達、仲良く虫さがしです。

何かいるよ0003s.jpg
アッ、何かうごいてるよ!

葉っぱの間には小さな黒い幼虫、かれ葉の上をチョロっと走るコオロギのなかま、ピョンと跳ぶヒシバッタ、等々よく見ているといろいろなものが見つかります。

いんな虫みつけた0024cs.jpg
いろんな虫見つけたよ!

オオモンシロナガカメムシ3900cs.jpg
オオモンシロナガカメムシ(ナガカメムシ科)体長約15mm

地表を歩きまわって、落ちている実や地下茎の汁を吸います。この緑地では初記録です。

ハサミムシ3917s.jpg
ヒゲジロハサミムシ(ハサミムシ科)のなかま

くち木の間にはハサミムシが何匹もいました。150614実施の第2回ミニ調査会では、朽木の中で卵を守る成虫の姿を観察しました。

ノコメトガリキリガ3899.sjpg
ノコメトガリキリガ(ヤガ科)開帳約40mm

冬に活動するガです。キリガのなかまは越冬するものが多いのですが、これは越冬できません、だいぶ傷んでいるようです。リガのなかまは、今までに2種観察しています。

ヤブミョウガの実s.JPG
ヤブミョウガ(ツユクサ科)の実 A.K.氏撮

オオアオイトトンボs.jpg
オオアオイトトンボ(アオイトトンボ科)体長約45mm  A.K.氏撮

 以前はこの緑地では毎年成虫もヤゴも観察されていて、この池の名物だったオオアオイトトンボは、  緑地リニューアル(161013)後、姿を見ることができずずさびしい思いをしてきましたが、この日2匹の成虫を観ることができました。やっぱり、住みやすい場所には、どこからかちゃんとやって来るものだと感嘆しています。


タンポポハフクレフシ3888cs.jpg
タンポポハフクレフシ

「この葉っぱはあやしい・・・」と初参加のR.H.さん(年長)が、持ってきた不思議なもようのついたタンポポの葉っぱ。これは、タマバエの一種がタンポポの葉に寄生したためにできた虫こぶ(虫癭:ちゅうえい)です。あちこちのタンポポの葉についていました。葉にタマバエが卵を産みつけ、孵化した幼虫はそこで成長します。その時、虫が出す刺激によって、葉の一部が異常な反応をして、変わった形になってしまったのです。

アカスジキンカメムシ幼虫3932s.jpg
アカスジキンカメムシ幼虫(キンカメムシ科)

この緑地では、幼虫は時々見かけますが、成虫は見たことがありません。

オオカマキリs.JPG
オオカマキリ(カマキリ科) A.K.氏撮

R.Y.隊員(小3)が自宅の近くで見つけたというオオカマキリを持ってきてくれました。

図鑑見てるs.jpg
オオカマキリとチョウセンカマキリの見分け方は・・・  A.K.氏撮

オオカマキリの後羽には紫のもようがあり、チョウセンカマキリの後羽はうすい色をしています。また、胸(前足のつけ根)がチョウセンカマキリはあざやかなオレンジ色です。

ヤゴさがし0026s.JPG
 ヤゴはいるかな=〜

ヤゴcsJPG.JPG
ヤブヤンマ(ヤンマ科)の幼虫

池には、ヤブヤンマ若令幼虫×3、サカマキガイ×6,アメリカザリガニ×3、赤iミジンコ多数、がいました。

一見、何も居ないように見えた秋の緑地ですが、いろいろな生きものがそれぞれの場所でしっかりと生きているいることがわかった、楽しい半日でした。
posted by はけの森調査隊 at 11:46| Comment(0) | 11月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。