2011年04月28日

★チョウ ギンイチモンジセセリ

ギンイチモンジセセリ♀0345s.jpg
ギンイチモンジセセリ♀(セセリチョウ科) 110426 開張約30mm

4月半ば頃になると、野川の北側にあるオギ原に、ギンイチモンジセセリが飛ぶ。日当りの良いススキやオギなどの原に棲息(せいそく)するこのチョウは、このような場所が減(へ)りつつある都市近郊では、だんだん見られなくなってきている。
うら羽に1本の銀色のスジ(春型は2本)があるのがその名の由来(ゆらい)。暖地では、春・夏・晩夏と年3回発生し、春型は
銀色のスジが目立ち、夏型はあまり目立たない。

ギンイチモンジセセリ♂0440s.jpg
ギンイチモンジセセリ♂(セセリチョウ科)110428

オスとメスはよくにていて、飛んでいるときは区別がつきにくいが、とまっている時よく見ると、メスは腹が太く、オスは細く長い。また,前羽の先が、メスの方がオスよりとがっているのが特ちょう。(チョウは、一般的にはオスの方がとがっている)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
追記 夏型♂の写真
ギンイチモンジセセリ夏型♂3087s.jpg
ギンイチモンジセセリ♂(セセリチョウ科) 110715

7月半ば、夏型がではじめた。この日はたった1頭のみ。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

ギンイチモンジセセリ♂表0341s.jpg
ギンイチモンジセセリ♂(セセリチョウ科)110426

表羽は、オスもメスも黒褐色(こっかっしょく)。このチョウがうまく越冬して次世代に命をつなぐには、冬場にススキやオギを刈り取ってしまわないことが大事だ。

このチョウの越冬について、大島良美氏(チョウ研究家)にお訊きしたところ、以下のようなお答えをいただいた。
「ギンイチモンジセセリは、老熟(ろうじゅく)幼虫で越冬する。
晩秋に食草(ススキやオギ)を巻いて、長い巣(30cmくらい)を作り、この中で冬を越す。そして、春になったら、巣の中で2回脱皮してサナギになる。
この巣の位置は、地上4.5cm〜7.8cmくらいにあり、両端(りょうたん)は閉(と)じていない。
幼虫は気温が低い冬でも休眠しておらずかなり敏感(びんかん)で、巣のある植物に刺激(しげき)を与えると巣から脱出(だっしゅつ)してまう。
巣から出てしまった幼虫は元にもどれず、もう一度巣を作ろうとしても、すでに植物の葉が枯れてしまっていると巣が作れない。
そのようなわけで冬場は生息地には手を入れないのが良い。」

posted by はけの森調査隊 at 21:21| Comment(0) | 4月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月21日

★活動報告 2011年度 第1回はけの森ミニ調査会

第1回はけの森ミニ調査会 
11/04/02実施 はけの森2にて  晴れ  気温17℃  参加6名 

今年は春の到来が遅く、緑地のサクラもほんの一分咲きくらいでした。
調査会が始まってすぐ、ウグイスがやって来ました。姿を追っていると、木の茂みの中で ♪ホーホケキョ
♪ と鳴きました。初鳴きかもしれません。

ウグイス地面9750cs.jpg
ウグイス♂ 110402
ウグイス囀s.jpg ウグイス9736ガs.jpg
ウグイスが鳴いた            ガをつかまえたよ

昨年春の第1回ミニ調査会(10/04/03)では、はけの森緑地1で、隊員のM.I.君がウグイスの空き巣を発見しました。近年は、はけの森1で繁殖(はんしょく=子をつくり、子孫(しそん)をふやす)を続けているようです。このウグイスもはけの森1周辺にすみついているものでしょう。

ビロウドツリアブ飛翔9916S.jpg
ビロードツリアブ(ツリアブ科)約10mm

日当りの良い落ち葉の上にビロードツリアブがいました。春早めに出現し、5月ごろまで見られるツリアブのなかまで、ホバリングしながら花の蜜を吸います。幼虫はハナバチ類の幼虫やサナギに寄生し、1令幼虫は寄主をさがして歩きやすいようにシミのような形をしていて、2令以降はちがう形になる、という「過変態(かへんたい)」をするとのこと。(この不思議な生態についてはくわしいことがわかりましたら後ほど別の記事にて)

キチョウ9924s.jpg
キタキチョウ♂(シロチョウ科)

成虫越冬のキタキチョウがいました。例年の4月ミニ調査会では、たいていモンシロチョウツマキチョウが飛んでいるのですが、今年は発生が遅(おそ)めです。(小金井初見:モンシロチョウ03/20ツマキチョウ04/10)。ムラサキハナナ(モンシロやツマキ幼虫の食草)もまだあまり咲いていません。
☆今年のモンシロチョウ初見調査については、「my蝶アルバム」様の記事をご参照ください。

朽ち木を探る9681s.jpg カブト幼虫9682.jpg
クワガタはいないかなー                           カブトの幼虫だ

緑地の奥の、くずれかけた丸太積みの中をさぐってみると、カブトムシの幼虫がいました。奥の方にもっといる様子でしたが、そっとしておくことにしました。この丸太みは、2003年秋、この緑地内にあったトチノキを伐採(ばっさい=きりたおす)した際に積んでおいたもので、2009年06/06のミニ調査会Aでは、コクワガタ♀と幼虫が、2010/06/05のミニ調査会Aではコクワガタ♂が見つかっています。また2010/04/03のミニ調査会@では、カリンの丸太積みでコクワガタ♂♀と幼虫が見つかっています。

新しい丸太積み9690.jpg
新しい丸太積み

だいぶくずれているトチノキの丸太積みの横に、新しく丸太積みを作りました。これらの材は市内で伐採されたものです。どんな生きものたちがやって来るでしょう?

顕微鏡を見て描く10433.jpg 観察ノート・ミジンコ9767s.jpg
ミジンコっておもしろいなー!      隊員M.I.君の観察ノート

池で見つかったのは、クロスジギンヤンマの幼虫1匹(いつもはたくさん見つかるのですが)とアカムシ、ミジンコがたくさん。ミジンコを顕微鏡(けんびきょう)で観察しました。


posted by はけの森調査隊 at 21:06| Comment(0) | 4月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月25日

★トンボ ヤブヤンマ♂羽化

ヤブヤンマ幼虫s1955.jpg
ヤブヤンマ(ヤンマ科)幼虫 091031 45mm

昨年の秋、調査隊員OB:K君(中3)の家の池(K君手作り!)にヤブヤンマの幼虫がたくさんいるとの知らせを受け、さっそく撮影させてもらった。
今年の3月末、家の中で飼(か)っていた幼虫が羽化したとのこと、羽化の経過(けいか)のはじめから終わりまで、
君撮影の何枚かを紹介しよう。
自然状態での
ヤブヤンマの羽化は5月ごろだが、家の中で暖かかったためか、早い羽化となったようだ。

ヤブヤンマ上り始め1096s.jpg    ヤブヤンマ上に1142s.jpg
100325 05:33            100327 22:43
棒(ぼう)につかまっている      いちばん上まで上ったところ
            

ヤブヤンマ羽化出たところ1146s.jpg
100328 00:03
羽化がはじまり、たれさがった姿勢(しせい)のまましばらくじっとしている

ヤブヤンマ回転1173s.jpg    ヤブヤンマ羽のびる1204s.jpg
100328 00:40            100328 04:53
おきあがって殻つかまり身体をぬき、 羽がのびきり、とうめいになる
その後羽ものびてくる 
                    
                   
ヤブヤンマ羽開く1209s.jpg
ヤブヤンマ♂羽化 100328 05:03
羽をきれいにひらき、羽化完了(かんりょう)

ヤブヤンマの♂は成熟(せいじゅく=完全に大人になる)すると、きれいな青い目・黒っぽい身体となる。飛んでいるとバサバサッと音がするほどの迫力のあるヤンマだ。羽化後しばらくはこのうす黄色のままでいる。
posted by はけの森調査隊 at 09:37| Comment(0) | 4月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月18日

★鳥 ウグイスの古巣

2010年度第1回はけの森ミニ観察会で観察したものA

ウグイスの古巣.jpg
ウグイス(ヒタキ科)の古巣 100403 もっているのは発見したI君(小1) 

はけの森1のササ斜面(しゃめん)に鳥の古い巣(す)がおちているのをI君(小1)が発見。しらべたところ、ウグイスのものとわかった。はけの森1ができた当時(1990年)から、毎年秋の笹鳴き(チャッチャッ)から春先のさえずりまでウグイスの声は聞こえていたが、夏には山に帰っていたようだ。しかし、近年はけの森周辺や小金井のあちこちで、夏にもさえずりを聞く。この古巣は、山に帰らず小金井にとどまり、繁殖(はんしょく=子をつくり、子孫(しそん)をふやす)していることの証(あかし)だろうか?

ウグイスの古巣の中2.jpg
ウグイスの古巣の中

巣は、外がわササやススキの葉、中はシュロのせんいが多く使われている。中にケヤキの葉などが入っているが、これは巣立った後におちこんだものだろう。巣のくぼんだ部分の直径は6cm。

☆このウグイスの古巣の件で、小金井自然観察会を主宰していらっしゃる
清水徹男氏におたずねしたところ、
「小金井市内では遅くとも2006年には漂鳥から留鳥になったようだ。昨年(2009年)には、はけの森1で巣立ちビナが確認された(外から見えた)。この古巣は昨年のものだろう。小金井で近年確認された唯一の(もしくは最初の)ウグイスの巣と思われる。」とのことです。
小金井市のウグイスについての詳細は、氏のご報文をご参照ください。
「小金井市内におけるウグイスの生息状況の変化について」都市鳥研究会誌No.64
(2006)
「漂鳥から留鳥へ=ウグイスの生息状況の変化」小金井自然観察会会報「こなら」
  No.80(2006)

☆☆はけの森1は、現在緑地保全のために閉門されています。
これからも、遠くからそっと見守っていきましょう。


posted by はけの森調査隊 at 11:22| Comment(0) | 4月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月12日

★甲虫 コクワガタ幼虫・成虫

2010年度第1回はけの森ミニ観察会で観察したもの@

コクワガタ幼虫s.jpg
コクワガタ幼虫(クワガタムシ科)100403 約20mm

くち木の中にいたコクワガタの幼虫。同じ場所のくち木の中で計4匹、15mm~30mmくらいまで、いろいろな大きさのものが見つかった。
幼虫は、2〜3(終)令で越冬、翌年の春〜秋にサナギになり、初夏ごろまでに羽化
(うか)したものは夏に外に出てくるが、夏〜秋にした羽化した新成虫はそのまま越冬、次の年の6〜9月頃に外に出る。
緑地内には、市内で伐採(ばっさい=切る)された太枝が何カ所かに積まれている。いろいろな生きものの住み家となり、くち具合(ぐあい)によって、様々な生きものが産卵にやって来る。<丸太づみ>とよばれ、ビオトープ作りには欠かせない場だ。

コクワガタ♂&♀cs.jpg
コクワガタ♂&♀(クワガタムシ科)100403

幼虫が見つかった付近(ふきん)のくち木の中に、越冬している成虫の♂と♀がいた。(これは外に出して撮影したもの)。この2匹はもう少しくち木の中にいて、初夏のころ活動をはじめる。

コクワ♂&♀s.jpg
コクワガタ♂&♀(クワガタムシ科)081004 カリンの木

2008年10月の第4回ミニ調査会の時に緑地内のカリンの木にいた♂と♀。♂のいる所には樹液(じゅえき)が出ている。大顎(おおあご=ツノのこと)の形がちがうので、今回見つかった♂とは、別の個体(こたい)だ。

posted by はけの森調査隊 at 10:12| Comment(0) | 4月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月11日

★活動報告 第1回はけの森ミニ調査会

第1回はけの森ミニ調査会
10/04/03実施 はけの森2にて  晴れ&くもり  気温14℃  参加10名

はけサクラ.jpg はけスジグロ.jpg

サクラは満開(まんかい)、カントウタンポポもさきはじめ、久しぶりの春らしい陽気となりました。まだ新学期ははじまっていませんでしたが、進級したり新1年生になった子どもたちは元気に緑地の生きもの観察をしました。

捕虫網.jpg
チョウチョだ!

この日何頭か飛んでいた白いチョウは、皆スジグロシロチョウでした。去年この緑地のムラサキハナナにいたツマキチョウの幼虫を観察のため育てていたのですが、それがサナギとなり冬を越し、4月2日にメスが羽化したので、これも皆で見ました。

朽ち木.jpg ムカデだ.jpg
何かいそうだよ                                     ムカデだ!              

くち木やその下の土の中をしらべました。トビズムカデ・ヤスデのなかま・ハサミムシのなかま・アリのなかまなどが見つかりました。

ホウノキの朽ち木.jpg 調べる.jpg
木はボロボロになってるけど・・・    かいたいなー、でももどそうね

去年の6月6日第2回ミニ調査会では、トチノキの古丸太にコクワガタなどがいましたが、ここには何もいなくて、別の場所でコクワガタ幼虫×4・成虫♂♀を見つけました。

はけ1の池.jpg
ウーン、おち葉ばっかりだなー

はけの森2の池は修理したばかりなので、市の許可(きょか)を得て、ふだんは入れないはけの森1に入らせてもらい、おち葉でいっぱいの池のそうじ&生きものさがしをしました。

☆今回の調査会で観察したものはこの後の記事で紹介します。

posted by はけの森調査隊 at 09:41| Comment(0) | 4月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月29日

★チョウ コミスジ・カラスアゲハ

今年の春は、暖かい日と寒い日が変則的に立ち替わり不安定な季節の巡りだったが、4月19日(日)は前日の雨も上がり、本格的な春の到来となった。野川付近では、アゲハ・クロアゲハ・カラスアゲハ・コミスジを初見、成虫越冬のルリタテハやキタテハも飛び、はけ(国分寺崖線)の一角、ムラサキハナナの群落では、ツマキチョウが5〜6頭飛んでいた。

090426コミスジs.jpgコミスジ春型♂(タテハチョウ科)
ちょっと羽ばたいて、翅を拡げたままツィーと滑空するように飛ぶ。春、夏、夏〜秋、の年3回発生。幼虫の食草はマメ科各種。近年都市部で増えてきた種のひとつ。小金井でも20年前頃は稀だった。




コミスジ春型♀s.jpg
コミスジ春型♀
捕虫網の上にとまったメス。黒地に3本のスジが目立つチョウは、他にミスジチョウ・オオミスジ・ホシミスジ等々があるが、この辺には棲息していない。
追記 2012.06.03
ホシミスジは、2010.08.29に、野川沿いの武蔵野公園で目撃撮影された(野川公園の観察グループ)。その後も発生を続け、12.06.02.には隊長も目撃撮影した。瀬戸内亜種とのこと、不自然な発生ではある。

090422カラスアゲハs.jpgカラスアゲハ春型♂(アゲハチョウ科
ハッとする間に、金青緑にきらめきながら飛んで行く。春・夏の年2回(地域により1又は3回)の発生。森林地帯に多いチョウだが、小金井近辺にも少し棲息している。幼虫の食草はコクサギやカラスザンショウ等各種のミカン科。この辺では、サンショウやヘンルーダ(園芸種)上で幼虫を発見することが多い。

080730カラスアゲハ夏型s .jpgカラスアゲハ夏型♂ 080730
昨年の夏、自宅の庭に立ち寄ってすぐに飛び去った。春型より大きく、赤紋が無い。彩りが深く、勇美(!)





posted by はけの森調査隊 at 10:10| Comment(0) | 4月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月28日

★ハチのなかま クマバチ(コシブトハナバチ科)

090411クマバチホバリング s.jpg縄張り行動 090411
春早くから、ヴーンという大きな羽音をさせて飛ぶ大型のハナバチ。成虫越冬後、オスは地上2〜3mをホバリングしながら縄張り行動を開始。交尾したメスは営巣活動に入る。子育ては5〜6月頃。7月に羽化し、その次の世代は9月下旬に羽化。



090422クマバチ吸蜜cs.jpg
吸蜜(カラスノエンドウ)090422
花の元の部分から直接吸蜜している。花粉を媒介しないので<盗蜜>と呼ぶらしい。花の形によっては、正面からも吸蜜する。






090415後姿 cs.jpg吸蜜飛翔(ムラサキハナナ)090415
はけの森緑地2のムラサキハナナにも毎日のように来ていた。スズメバチをクマンバチと呼ぶ人もいるので混同されたり、羽音が大きくて恐ろしげだが、攻撃しない限り刺されることはない。




クマバチ営巣の木.jpg営巣に利用?の木のウロ(はけの森緑地2)
雌バチは、立ち枯れの木の枝や材木に巣穴を掘り、花粉と蜜の塊を作ってそれに産卵し、巣は何世代にも渡って利用されるとのこと。以前、サルスベリの枝のウロを出入りしているのを何度か見かけているので、今年はソッとのぞいてみようと思う。


 
posted by はけの森調査隊 at 13:49| Comment(0) | 4月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月10日

★ハエ・アブのなかま アシブトハナアブ(ハナアブ科)


090406アシブトハナアブs.jpgアシブトハナアブ(体長12mm~16mm)
4月4日のミニ調査会の日に飛んでいたアシブトハナアブが、花壇の花に来ていた。その名とおり後ろ足が太い。春早くから活動し、花の蜜や花粉を食べる。幼虫は、水中で腐食物を食べてくらす。ハナアブの幾種類かは幼虫が水生。ミニ調査会の際も、種はわからないが幼虫が1匹観察された。

参考HP ハナアブ入門



posted by はけの森調査隊 at 14:14| Comment(0) | 4月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月08日

★甲虫 ヒメアカハネムシ(アカハネムシ科)

不明昆虫のサナギs.jpg
ヒメアカハネムシのサナギ
(腹側) 090404
090405ベニヒラタムシ蛹s.jpg
ヒメアカハネムシのサナギ(背側) 090405

4月4日のミニ調査会の際、朽ち木の皮の下で発見された不思議なサナギ(クリーム色半透明で時々ピクピク動く)は、翌5日茶色に変化してきた。

090408ベニヒラタムシ.jpg

ヒメアカハネムシ♀(体長約8mm)

翌6日、まだサナギのままかと思いながら見ると、赤い羽の甲虫が羽化していてびっくり。アカハネムシの仲間だった。図鑑には「成虫は枯れ木・倒木上に見られ、幼虫は枯れ木の樹皮下にすみ、内部のやわらかい材を食べる。4月頃樹皮下で蛹化。」とある。アカハネムシの仲間は何種もあり、漸くヒメアカハネムシと判明。

070427ベニヒラタムシs. jpg
アカハネムシのなかま 
070427 八王子市裏高尾

一昨年の春撮影したもの、林道脇の草むら、飛び立つ寸前。
 




posted by はけの森調査隊 at 22:00| Comment(0) | 4月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする