2013年05月21日

★チョウ イチモンジセセリ 幼虫〜羽化

イチモンジセセリ7871s.jpg
イチモンジセセリ(セセリチョウ科)羽化 130516 窓ガラスにとまっている

イチモンジセセリが羽化した。ギンイチモンジセセリをさがしている途中で見つけた幼虫を持ち帰り飼育していたものだ。夏〜秋には、南の方から集団移動して来るのでどこでも普通に見られるが、東京近辺で越冬(幼虫)して春に出る数は少ない。

イチモンジセセリ幼虫6309cs.jpg
イチモンジセセリ(セセリチョウ科)幼虫 130423 約30mm  ギシギシの葉うら

テントウムシでもいないかな、とギシギシの葉をめくったら、むき出しのイチモンジセセリの幼虫がいてびっくり。この幼虫の食草はイネ科植物なので、なぜこんなところにいたのかわからない。そばにはオギがたくさん生えている。たまたま落ちて、ここで巣を作ろうとしてうまくいかなかったのだろうか?

イチモンジセセリ幼虫の巣6511s.jpg
イチモンジセセリ(セセリチョウ科)の巣 130428

ササとアシの葉を入れておいたら、アシの葉をつづって巣を作り、時々出てきて両種の葉を食べていた。巣も何度か作り変えていたが、やがて食べに出てこなくなり、この巣の中で蛹化(ようか=サナギになる)した。こんなふうに、幼虫はイネの葉を食べ水田を荒らすので、イネツトムシ(ツト=ワラなどたばねてをつつんだもの)と呼ばれ、イネアオムシ(フタオビコヤガ幼虫)と同様農家のきらわれ者だ。

イチモンジセセリ集団2s.jpg
イチモンジセセリ(セセリチョウ科) 100808

3年前、湿地(しっち)のセリの花にイチモンジセセリがたくさん来ていた。早くも南から移動してきた集団だろう。このチョウの集団に出会うと、秋の気配を感じる。

_イチモンジセセリ♂♀s.jpg
イチモンジセセリ(セセリチョウ科)♀♂100912

移動してきた地でも繁殖(はんしょく)するので、11月ごろまであちこちで見かける。
posted by はけの森調査隊 at 21:09| Comment(0) | 5月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月15日

★ハチ チビアメバチのなかまのマユ

チビアメバチsp6904cs.jpg
チビアメバチのなかま(ヒメバチ科)のマユ 約5mm 130429  府中市

ホウネンタワラチビアメバチのマユを見つけるより少し前、同じような場所で不思議なマユを見つけた。ガの幼虫の残骸(ざんがい)が上の方についている。調べたらやはりチビアメバチのなかまのマユだということだけはわかった。<実物は米つぶくらいの感じです>

参考:寄生するものされるもの

チビアメバチsp7805s.jpg
チビアメバチのなかま(ヒメバチ科)のマユ 130510   府中市

10日後には黒っぽくなっていた。羽化も近いのだろう。ヒメバチのなかまはとても数が多く、わからないことばかりだどんなハチが出てくるか見たいものだが、たった1個しかないものを持ち帰るわけにもいかない。

  
posted by はけの森調査隊 at 10:14| Comment(0) | 5月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月14日

★ハチ ホウネンタワラチビアメバチのマユ

ホウネンタワラヒメアメバチ7778s.jpg
ホウネンタワラチビアメバチ(ヒメバチ科)マユ 約5mm 130510 府中市

雑木林のはずれの手すりのかげに、ホウネンタワラチビアメバチのマユがぶらさがっていた。しかも干からびた虫(寄生した幼虫の残骸)をチョウチンのようにつけたままゆれている。このハチは、フタオビコヤガ(イネアオムシとよばれ稲を食害する)の幼虫等に寄生するとのことだ。以前、はじめてこのマユを見た時は、なんとかわいいマユなんだろう、とその造形美に見ほれるばかりだったが、その生態は稲作と深い関わりのあるものだった。

参考:今年は豊作?ホウネンタワラバチの繭
参考:水田の天敵昆虫と害虫:寄生蜂の仲間
参考:イネアオムシ(フタオビコヤガ幼虫)

ホウネンタワラチビアメバチ7690ブレs.jpg
ホウネンタワラチビアメバチ(ヒメバチ科)マユ  130510 府中市

少しの風にもクルクルとまわって、なかなか止まらない。ストロボ撮影の残像(ざんぞう)が、俵(たわら)のサーカスみたいになった。(この繭は「豊年俵」とよばれているそうだ)
<実物は米つぶくらいの感じです>
 
posted by はけの森調査隊 at 10:26| Comment(0) | 5月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月17日

★ガ ウンモンスズメ オオトビモンシャチホコ幼虫 キシタアツバ幼虫など 

第65回はけの森調査会<チョウたちはどこにいる?A>(120527実施)では、いろいろなガの成虫や幼虫を観察した。そのうちのいくつかを紹介しよう。

ウンモンスズメ9926c.jpg
ウンモンスズメ(スズメガ科)120527 木にとまらせて撮影

集合場所脇のトイレの洗面所にジッとしているのをY.M.さんが見つけた。そっと触ってみたら動いた。羽のもようが雲のようなので<雲紋>の名がついた。幼虫はケヤキなどニレ科の葉を食べる。5月・9月の2回発生。蛹越冬。

_マイマイガ幼虫MG_1917cs.jpg
マイマイガ(ドクガ科)幼虫 55mm

あちこちの木の幹に居た。昨年・今年と、大発生している。成虫がせわしく飛び回る様子から「舞い舞い」とついたと言われるが、さて?
毒が無いと書かれている本もあるが、猛毒は無いにしろ、発疹が出たり、かゆみが出たりするという報告もあるので、さわらないように。

オオトビモンシャチホコ幼虫9923cs.jpg
オオトビモンシャチホコ(シャチホコガ科)幼虫 50mm 120527

隊員のE.S.さんがわき水広場の木の根元のコケの上で見つけた。見た事も無いきれいなもようのガに皆びっくり。図鑑を見たら、「サラサリンガ」に似ていた。「更紗模様みたいだし」なんて言いあっていたのだが、あとでよく調べたら、オオトビモンシャチホコだった。これから蛹になる場所をさがしに出て来たのだろう。

キシタアツバ蛹0105s.jpg キシタアツバ幼虫0109s.jpg
キシタアツバ(ヤガ科)蛹 15mm     キシタアツバ(ヤガ科)幼虫 約25mm

ヤブマオ(イラクサ科)の葉が2つ折になっているのを見つけたE.S.さん「アカタテハの幼虫かしら?」。ちょっとだけのぞいてみたところ、ちがう虫のようだったが、ゆっくり確かめずに先を急いだ。3日後の5/30にもう一度見に行ったら、早くもサナギになっていた。別の葉の中に居る幼虫を撮影した。

チャミノガ0647S.jpg
チャミノガ(ミノガ科)幼虫 約30mm 120527

1本のコナラに、大小たくさんのチャミノガがついていた。幼虫で冬を越し、春になったらセッセと葉を食べて、ミノの中で蛹になり、6月〜7月に羽化する。ミノの表面に小枝をビッシリつけ、オオミノガのように紡錘形(ぼうすいけい)にはならない。
posted by はけの森調査隊 at 13:53| Comment(0) | 5月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月11日

★活動報告 第65回はけの森調査会<チョウたちはどこにいる?A>

第65回はけの森調査会<チョウたちはどこにいる?A>
12/05/27(日)9:30〜12:00 晴れ 気温27℃  参加20名
コース:野川公園入り口〜わき水広場

川べりを行くs.jpg

今年は天候不順で、暖かい日があったと思うと急に寒くなり、豪雨・竜巻、明日の天気も予測しにくいような日々でした。生きものの出現も、平年のおよそ2週間くらい遅れているものが多いようです。
この日は天候に恵まれ、緑いっぱいの野川に沿っていろいろな生きものを見ながら歩きました。
ヨコヅナサシガメ9893s.jpg アオサギ6863s.jpg
ヨコヅナサシガメ(サシガメ科)      アオサギ(サギ科)

歩きはじめてすぐ、何本かの木のあちこちに、ヨコヅナサシガメがいました。第64回調査会<冬ごしの生きものはどこにいる?>(120219実施)では、幼虫が集団越冬しているのを見ているので、それらが成虫になったのでしょう。我々を出むかえるように橋のそばにアオサギがたたずんでいました。近年よく見かけるようになった大型のサギです。野川はエサが豊富なようで、サギのなかまがよく来ています。

ヒメウラナミジャノメ0661s.jpg
ヒメウラナミジャノメ(タテハチョウ科)

ヒメウラナミジャノメは今が最盛期、川べりのあちこちを飛んでいました。

見つけた!12059s.jpg ヒメギス幼虫12056.jpg
これはなんだ?             ヒメギス(キリギリス科)幼虫

アオスジアゲハ若令幼虫s.jpg シオカラトンボ♀0484s.jpg
アオスジアゲハ(アゲハチョウ科)若令幼虫   シオカラトンボ(トンボ科)♀

観察センター西側のシロダモにはアオスジアゲハの幼虫、川べりをシオカラトンボが飛び、草原にはバッタのなかまの幼虫たちがたくさんいました。

ナナフシだ!.jpg
かわいいねえ! 

ナナフシモドキの幼虫です。細く弱々しい身体でユルユルと歩いて行きます。

コクワガタと樹液に集まる虫達.jpg
コクワガタ♀といろいろな虫たち

シダレヤナギの上の方にコクワガタ♀を見つけました。高くて良く見えなかったのですが、あとで写真見たらいろいろな小さな虫が写っていてびっくり。
虫の種類を知りたい方は、スタッフN.S.氏が作成したこちらの図解画像をどうぞ。  juekisakaba.pdf


自然観察園入り口s.jpg
自然観察園入り口

自然観察園の中に入りました。

アカシジミcs.jpg コミスジs.jpg
アカシジミ(シジミチョウ科)      コミスジ(タテハチョウ科)

アカボシゴマダラ春型0401s.jpg テングチョウ5918cs.jpg
アカボシゴマダラ(タテチョウ科)春型   テングチョウ(タテチョウ科)

観察園の中には、ちょうど下草におりているアカシジミがいました。フワリと飛んで行く大型の白いチョウは、アカボシゴマダラ。木の上の方にいたテングチョウ。今年はアカボシマダラ・テングチョウの発生が多いようです。

サナギ殻コレクションs.jpg これどこにいたの?.jpg
アカボシゴマダラのサナギがらだよ    これどこにいたの?

終点のわき水広場では、しばらくの間フリータイム、草原や水の中でいろいろな生きものを見つけました。採集したものを集めて説明を聞いたあとは、もとの場所に戻しました。この広場で見たものは、ツマグロヒョウモン・サラサリンガ幼虫・シオカラトンボ・ツチイナゴ幼虫・ベニカミキリオニヤンマ幼虫・カワニナ・サワガニ・など。
その他、コース内では、キタキチョウヤマトシジミ
ウンモンスズメヒゲナガガのなかま・マイマイガ幼虫チャミノガ幼虫オオトビモンシャチホコ幼虫・ムシヒキアブのなかま・オオアメンボなどを観察しました。
昨年の春の第62回調査会<チョウたちどこにいる?>(110605実施)より、チョウの数は少なめでしたが、いろいろな生きものに出会えた楽しい調査会でした。

☆写真は、特別隊員のT.K.氏、S.U.君にご協力いただきました。
posted by はけの森調査隊 at 09:43| Comment(2) | 5月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月31日

★セミ・カメムシのなかま アカスジキンカメムシ

アカスジキンカメムシ0076cs.jpg
アカスジキンカメムシ(キンカメムシ科)18mm  120530 ヤブマオの葉上

ヤブマオ(イラクサ科)の葉に、ジッととまっていた。カメムシのなかまは地味なものが多いが、このアカスジキンカメが属するキンカメムシ科のカメムシは派手(はで)なものが多い。南方系のものなので、このあたりでふつうに見られるのはこの1種だけだ。

アカスジキンカメムシ0122s.jpg
アカスジキンカメムシ(キンカメムシ科) 120530 ヤブマオの葉上

横から見るとこんな感じ。背中がもり上がっている。

アカスジキンカメムシ羽化0141s.jpg
アカスジキンカメムシ(キンカメムシ科) 120530 ミゾソバの葉上

今はちょうど羽化の時期のようだ。うすぐらい樹林地の下草で、羽化殻のそばにいる成虫を見つけた。羽化する際、何かの不具合で身体の一部分がつながったままになってしまっらしく、気の毒な状態になっている。

アカスジキンカメムシ幼虫0168s.jpg
アカスジキンカメムシ終令幼虫(キンカメムシ科)13mm 120530 ミゾソバの葉上

羽化の近そうな終令幼虫もいた。幼虫も成虫もハンノキやミズキなど、さまざまな植物の実を吸う。葉がボロボロに食べられているが、これは別の虫のしわざ。落ち葉の下や木の皮の間などで終令幼虫で越冬する。幼虫はよく見かけるが、成虫を見かける機会は少ないので、今が観察時だ。

  
posted by はけの森調査隊 at 22:11| Comment(4) | 5月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月11日

★チョウ ゴマダラチョウ羽化

ゴマダラチョウ♀羽化8981s.jpg
ゴマダラチョウ(タテハチョウ科) 開張60mm  120510 室内にて

5月10日朝、飼育観察していたゴマダラチョウが羽化していた。サナギになってから9日目、もう少し先だと思ってサナギチェックを怠っていたのでびっくり、この季節としてはサナギの期間が短い。

ゴマダラチョウ♀開翅8988*s.jpg
ゴマダラチョウ(タテハチョウ科) 120510 庭にて

春型は、大型で白っぽくなるものが多いようだが、これは地色が濃く小型。サナギ期間も短かかったし、室内飼育の環境(日長時間や気温など)によるのだろう。

ゴマダラチョウ♀横向き9003s.jpg
ゴマダラチョウ(タテハチョウ科)  120510 庭にて

夏には野川周辺で毎年見られるが、春に発生するものは少なめだ。雑木林の木々をぬって飛ぶ姿を見かけると、「今年も居るね」とうれしくなる。

ゴマダラチョウ1105ss.jpg
ゴマダラチョウ(タテハチョウ科) 110520 

去年の春、池のふちにフワーッと飛んで来た白っぽくて大型の自然状態で羽化した個体。たいていのチョウは、春型の方が小さいが、ゴマダラチョウは春型の方が大きい。

   
posted by はけの森調査隊 at 14:30| Comment(3) | 5月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月20日

★チョウ アオスジアゲハ

アオスジアゲハ背079s*.jpg
アオスジアゲハ♀(アゲハチョウ科)110507

花だんのイブキジャコウソウにアオスジアゲハがやって来た。水色のもようは<ステンドグラス>にたとえらるほど美しい。いつもすばやく飛び回っていてなかなかゆっくり見られないが、この時は吸蜜に夢中。

アオスジアゲハ0770s.jpg
アオスジアゲハ♀(アゲハチョウ科) 110507

オスとメスはよく似ていて、見わけにくいが、お腹が太いので♀とわかる。数日後、同じ庭のシロダモの若葉にタマゴや幼虫を見つけた。

シロダモ新芽アオスジ0892s.jpg
アオスジアゲハ1令幼虫(アゲハチョウ科)110517 シロダモの若葉

アオスジアゲハ幼虫の食樹(しょくじゅ)は、クスノキやシロダモ(いずれもクスノキ科)。シロダモはあまり知られていない木だが、春はこんな銀色の新葉が目立つ。食痕(しょっこん=たべあと)があったら幼虫がいるしょうこ。
シロダモは鳥の落とした種でよく芽を出すので、林や空き地でこんな新芽の目立つ苗木を見つけたら庭に植えてみよう。クスノキは校庭や公園などに植えられている。春は枝先の若い葉をさがすのがポイント。

アオスジ卵0869s.jpg アオスジアゲハ幼卵殻食べる0818s.jpg
アオスジアゲハの卵 110517      アオスジアゲハ生まれたて・卵殻を食べる

アオスジ1令×2 0901s.jpg アオスジアゲハ終令幼虫s.jpg
アオスジアゲハ1令幼虫 110517    アオスジアゲハ終令幼虫 昨年6月 クスノキ

5月はアゲハチョウのなかまがたくさん飛び、卵や幼虫もあちこちで見つけることができる。おなじみのナミアゲハクロアゲハ、春ならばミカンやカラタチのきみどり色の新芽をさがすとタマゴや若い幼虫がよく見つかる。夏には、枝先を切っておくと季節はずれの新芽が出るので、そこへ産卵に来ることが多い。
posted by はけの森調査隊 at 15:19| Comment(0) | 5月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月02日

★チョウ キアゲハ

キアゲハ0424s.jpg
キアゲハ♂(アゲハチョウ科)110428

4月中旬頃から、さまざまな春のチョウが飛ぶようになった。アゲハチョウのなかまは、キアゲハ・アゲハが多く飛び、クロアゲハジャコウアゲハアオスジアゲハなども姿を見せはじめている。

キアゲハ産卵vs.jpg
キアゲハ♀(アゲハチョウ科)110422 フェンネル(セリ科)に産卵

アゲハチョウのなかまの幼虫は、多くの種がミカン科の植物を食草としているが、キアゲハは、セリ科の植物が食草なので、パセリやニンジンなどに産卵に来る。家庭菜園(かていさいえん)やハーブ園がブームになって以来、町中でもよく見られるようになった。

キアゲハの卵0512s.jpg
キアゲハの卵(アシタバに産卵)110501 

庭の野菜に卵がついていたら、葉っぱごととって水にさし、育ててみよう。産卵された卵は、しばらくすると茶色っぽくなり(写真上の方の卵)、黒くなってきたら孵化(ふか)が近い。

キアゲハ2令幼虫0559s.jpg キアゲハ終令幼虫0800s.jpg
キアゲハ2令幼虫 約7mm        キアゲハ5(終)令幼虫 約50mm

菜園の野菜がかじられていて、こんな幼虫を発見するかもしれない、つぶさないでチョウになるまで育ててみよう。食べられたくない野菜や花だったら、別のセリ科の植物に移しかえればよい。アシタバは面積が広いのでおすすめ。エサがちがうだけで、育て方はアゲハと同じ

キアゲハ♂0736s.jpg ナミアゲハ♀春.jpg
キアゲハ♂春型 110502         アゲハ♀春型 110428

キアゲハとアゲハ(ナミアゲハ)はにているが、中央部に黒い巾(はば)びろの部分があるかないかで見分ける。パッと見、キアゲハの方が、黄色の部分も黒のすじもこい色をしている感じだが、個体差(こたいさ)もあるのではっきりはわからない。キアゲハのメスは、黒い部分がより広い。春・夏・秋、キアゲハは3〜4回、アゲハは4〜5回羽化する。
posted by はけの森調査隊 at 10:55| Comment(0) | 5月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月15日

★活動報告 第59回はけの森調査会<ハチ宿を作ろう!>の感想集

なかつがわs.jpg いしいs.jpg

       おかむらs.jpg                    こやまs.jpg

       かわうちs.jpg                    やまざきs.jpg

感想書いてる5300041*.jpg
posted by はけの森調査隊 at 22:43| Comment(0) | 5月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする