2018年07月01日

☆第83回はけの森調査会<もっと知りたい!カリバチの生態>

第83回はけの森調査会<もっと知りたい!カリバチの生態>報告

18/06/03(日)9:30〜12:00  はれ 気温28℃  参加31名
はけの森緑地2(中町4-12)にて
観察指導 田仲義弘氏(昆虫写真家)

はじまり0001s.jpg
                       
はけの森緑地2に設置されいるハチ宿が老朽化したため、竹を入れ替え修理することになりました。これを機会に、ハチ宿の観察と小型ハチ宿作りをすることになり、カリバチ研究の第一人者田仲義弘氏をお招きして、不思議でおもしろいカリバチの生態を学びました。田仲氏には、以前の調査会にも何度か来ていただいています。


竹を取り出す0004s.jpg
竹を割って中を見てみましょう

ヒメハキリバチ巣cs.jpg
ヒメハキリバチのマユ(中に前蛹が入っている)田仲氏提供

ヒメハキリバチ葉搬入cs.jpg
葉を運ぶヒメハキリバチ 体長約9mm 060805撮影 田仲氏提供

ヒメハキリバチは葉で部屋の仕切りを作ります。

ハチ宿正面フタ3737cs.jpg
ハチ宿の竹を正面から見る

種類によって、フタの材料が違います。白く見えるのは、ヤマトルリジガバチの巣で、材料は鳥のフンです。ドロのフタはナミカバフドロバチ等、ナミヒメクモバチは巣の入り口にドロの壺を作ります。

☆男の子の質問:片側だけしか開いていない竹筒で奥の部屋で先に羽化したらどうなるんですか?
答:「基本的には前の蜂が出て通れるようになるまで待つ」です。ただし一つ工夫があります。蜂の♀は体が大きく成長に時間がかかります。それで先に作る奥の部屋には♀の卵を生み(食べ物も多く用意しておく)、後から作る手前の部屋には先に羽化する♂の卵を産みます。♂と♀を産み分けられるのです。

☆羽化したハチは出口の方向をどうやって知るのでしょうか?
答:仕切り板のザラザラした方が出口方向です。仕切りを作る際、作り手側の表面はきれいに塗り固められるが、裏側はザラザラしている。

フタがあるか見ている0014s.jpg
フタが付いているかな〜?

大きい方のハチ宿の古い竹材を皆で全部取り出しました。フタがしてあれば、その中には、ハチの蛹や幼虫が入っている証拠です。

スダレのハチ0011s.jpg
スダレに巣を作るハチもいるんだよ

田仲先生は以前、長期間にわたり、この緑地のハチ宿に来るハチを撮影に来られていたことがあり、2007 年には、スダレに営巣するヤスマツヒメアナバチという珍しいハチにここで初めて出会われたとのことです。
120408付記事 はけの森のハチ宿参照
ヨシズのスダレには、アリマキバチやカタグロチビドロバチが営巣した痕があるものもありました。

竹を割るs.jpg
ワー、これは何だ? A.K.氏撮

フタがしてある竹を皆で開けてみました。古い竹なので、フタに脱出した穴が無いのに、以前に営巣した痕(あと)と蛹がらや成虫の死骸ががあるものばかりで、生きている幼虫等は見つかりませんでした。表面に木クズのついたドロのフタをするオオフタオビドロバチやセロファン状仕切りを作るメンハナバチ等いろいろなハチがここで営巣していたことがわかりました。

メリトビアコバチ6181cs.jpg
メリトビアコバチ 約3mm

また、メリトビアコバチというたった3mmほどの小さな寄生蜂(生きている)がいました。「アシナガバチ・ミツバチ等の社会性の蜂ではなく、母蜂が1匹で子育てをする孤独性の蜂ならば、昆虫を狩るものでも花粉と蜜を用いる花蜂でも寄生します。親が用意した食べ物ではなく、幼虫や前蛹に寄生するので狩蜂にも花蜂にも寄生できます。」とのこと。

ナミカバフドロバチs.jpg
ナミカバフドロバチの死骸(羽化したのに出られなかった)

 ヤマトルリジカバチ?クモの足残.jpg
エサにしたクモの足だけが残っている

「この緑地では、ナミジガバチモドキとオオジガバチモドキを見ていて、クモの足が細長かったのでオオジガバチモドキと思われます。ナミジガバチモドキが狩るのは、ハエトリグモ等徘徊性のクモです」とのこと。

ヤモリの卵s.jpg
ニホンヤモリのタマゴ 約10mm

古い竹材に、ニホンヤモリのタマゴがついていました。この緑地にはヤモリがたくさん住んでいて、調査会の際にもよく見かけます。

竹を切る0032s.jpg
はじめてのちょうせん!

小型ハチ宿作りです。取り出した竹材の中でまだ使えるものや、新しいもの、太いもの、細いもの、いろいろ混ぜて、10本くらいを、適当な長さに切ります。ハチが営巣しやいすいよう、入り口から節まで距離が長くなるように切り取ります。

竹を切る0034s.jpg
ノコギリ、使いなれてますね!

竹を切る0026s.jpg
しっかりおさえていてね

ヒモで縛る0033.jpg
ギュッと締めて・・・

しばるときは、柔道着の帯を締める時のように、最後は巻いたヒモの下をくぐらせてしばるとしっかりします。

ハチ宿できたよ0036s.jpg
できたよ!

個性豊かにそれぞれのハチ宿が完成。
「ハチ宿は、雨や直射日光が当たらない、風通しの良い軒下やベランダに置くと良いでしょう。北東側の位置がベスト。観察することを考えると、1m位の高さが良い。低いところだとアリが入るので要注意。」とのことです。
持ち帰ったハチ宿にハチたちがやってくるといいですね。カリバチは、ギュッとつかんだりしないかぎり刺しません。そばを通っても、攻撃してくることは絶対にありませんので、安心して観察してください。

☆この日は、J:COMの取材が入り、6月4日(月)に、小金井・府中・国分寺市エリアの「デイリーニュース」という番組内で放映されました。

posted by はけの森調査隊 at 08:48| Comment(0) | 6月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月30日

★活動報告 第80回はけの森調査会<初夏のチョウをさがそう!A>報告

17/06/04(日)9:30〜12:00 晴れ 気温27℃  参加30名
コース:野川公園北門(二枚橋)〜わき水広場

しゅっぱーつ0002s.jpg
しゅっぱーつ!

良い天気です。草刈り前の野川の土手は、歩くのもたいへんなほど草が茂っていました。

モンシロチョウ2114s.jpg スジグロシロチョウs.jpg
モンシロチョウ(シロチョウ科)     スジグロシロチョウ(シロチョウ科)
ガガンボs .jpg ウリハムシモドキ9333s.jpg
ガガンボのなかま(ガガンボ科)    ウリハムシモドキ(ハムシ科) 約5.5mm
ヤブキリ幼2051.jpg
ヤブキリ幼虫(キリギリス科)約30mm

モンシロチョウやスジグロシロチョウ、シオカラトンボが飛び、バッタのなかまの幼虫や名前のわからない小さな虫など、いろいろな生きものが草むらにいました。

虫が居たよ03674s.jpg
つかまえたよ!

皆夢中でかけ回り、それぞれの虫かごの中は、だんだんにぎやかになっていきます。

川の中でs.jpg これなーに?0006s.JPG
川全景0805cs.jpg
柳橋付近                              A.K.氏撮

ここまでに採った虫は、スタッフの説明を聞きながら皆で見た後に草むらに逃し、水の中の生きもの観察です。
野川の水はとても少なくなっていて、川底が出ているところもあります。このポイントでは、生きものも少なく、カワエビのなかまやアメンボ等がいました。

クロコノマチョウ幼9426cs.jpg
クロコノマチョウ幼虫(タテハチョウ科) 約40mm

自然観察園に入りました。ヨシの葉にクロコノマチョウ幼虫が何匹もいました。ススキやオギなど、イネ科植物を食べます。

ウラナミアカシジミ2s.JPG
ウラナミアカシジミ(シジミチョウ科)                A.K.氏撮

この日は公園内のあちこちで見られ、低い所にも居たりして、子どもたちの虫カゴにも入っていてびっくり。発生のピークかもしれません。

アカシジミ_1s.jpg
アカシジミ(シジミチョウ科)                    A.K.氏撮

ミズイロオナガs.jpg ルリシジミs.jpg
ミズイロオナガシジミ(シジミチョウ科) ルリシジミ(シジミチョウ科)A.K.氏撮

ミドリシジミ♂s.jpg
ミドリシジミ(シジミチョウ科)                   A.K.氏撮

大人気のミドリシジミは、カメラマンが大勢居て、よく見ることができませんでしたが、A.K.氏が、解散後撮影に再挑戦、きれいな開翅を撮影されました。

ナナフシモドキcs.jpg アカスジキンカメムシ9286s.jpg
ナナフシモドキ(ナナフシ科)幼虫   アカスジキンカメムシ(キンカメムシ科)
                   
ナナフシモドキは公園内や野川ぞいで時々見かけます。木の葉にさわっただけですぐに落ちてしまい、さがすのに一苦労。アカスジキンカメムシは、冬〜春に幼虫をよく見かけます。

水生昆虫見てるs.jpg
水生昆虫しらべ

わき水広場の小川で、水の中の生きものの観察。オニヤンマ幼虫・フタスジモンカゲロウ幼虫フタツメカワゲラ幼虫ガガンボ幼虫サワガニ・アメリカザリガニ等が見つかりました。
「初夏のチョウをさがそう!>のテーマにふさわしく、上記平地性ゼフィルス4種・コミスジホシミスジテングチョウヒメウラナミジャノメヤマトシジミ・ダイミョウセセリ等、たくさんのチョウを見ることができた、チョウ日和の半日でした。
posted by はけの森調査隊 at 14:12| Comment(0) | 6月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月28日

★トンボ オオアオイトトンボ羽化

オオアオイト羽化15892s.jpg
オオアオイトトンボ♂(アオイトトンボ科) 170627 8:42

6月24日、小金井市内の栗山公園の人口池に網を入れてみたところ、思いがけずオオアオイトトンボ終令幼虫が何匹も入った。2匹持ち帰り、水槽にセキショウの葉を立てておいたところ、27日の朝、羽化がはじまっていた。

オオアオイト羽化25897s.jpg
オオアオイトトンボ♂(アオイトトンボ科) 170627 8:43

ゆっくり少しずつ身体が出てきて、最後はスルッと上へ抜け出した。頭を出しはじめてから約1時間くらいかかった。

オオアオイト羽化39839s.jpg
オオアオイトトンボ♂(アオイトトンボ科) 170627 8:50

小さくちぢんでいた羽が、少しずつ伸びて行く。

オオアオイト羽化49862s.jpg
オオアオイトトンボ♂(アオイトトンボ科) 170627  9:16

羽も身体も伸びきり、しばらくはジッとしたまま羽をかわかしていたが、1時間くらいしてフッと飛び立った。

はけの森緑地2の池では、毎年オオアオイトトンボが繁殖していたが、昨年11月のリニューアル後は、まだ成虫も幼虫も見られていない。この夏〜秋にはまたどこかからやってくるのではないかと期待しいる。

トンボの羽化の型には、倒垂(とうすい)型と直立(ちょくりつ)型の2つがあり、ヤンマ科やトンボ科(シオカラトンボ等)は倒垂(とうすい)型、イトトンボ科やサナエトンボ科は直立型に属していて、このオオアオイトトンボも直立型。

posted by はけの森調査隊 at 13:52| Comment(2) | 6月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月25日

★その他の昆虫 ウスバカゲロウ

ウスバカゲロウs.jpg
ウスバカゲロウ(ウスバカゲロウ科)前翅長約40mm    170622

R.Y.隊員(小2)から楽しいお便りと写真が届きましたので紹介します。

「きのう、大雨だったですよね。
学校から帰る途中、ウスバカゲロウが雨宿りをしていました。
で、家に持って帰って みました。
写真をとってみたので、みてください。
前、虫調査で捕まえたアリジゴクもげんきですよ。
去年、ホームセンターで買ったアリジゴクは
無事に冬を越して、さいきん沢山えさを食べています。」

ウスバカゲロウの幼虫はご存知アリジゴク、野川公園のベンチの下や建物の軒下にも巣があります。6月頃から成虫が見られるようになります。夜行性ですが、昼間でも、うすぐらいところでジッとしていたり、フワーッと飛ぶのを見かけることがあります。
飼っているアリジゴクも、うまく成虫になるといいですね。


posted by はけの森調査隊 at 14:06| Comment(0) | 6月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月20日

★チョウ ゴマダラチョウ幼虫

ゴマダラチョウ幼虫9677s.jpg
ゴマダラチョウ幼虫(タテハチョウ科) 25mm 170619

実生の小さなエノキが生えていると、幼虫はいないかなあ?といつもさがしてみる。この日、人家の垣根脇の小さなエノキ(約50cm)の葉にジッととまっていたのはゴマダラチョウの幼虫。アカボシゴマダラ幼虫は時おり見つかるが、ゴマダラチョウ幼虫が見つかることはまれだ。(アカボシゴマダラの突起はヘラ形で4対ある。シッポの先を閉じている<例外もたまにある>。)

かお9668s.jpg
ゴマダラチョウ幼虫 170619

しばらくすると動き出しさかさまになった。裏がわから顔を撮ってみた。まだまだ育ちざかりで、もう1〜15mmくらいは大きくなる。


posted by はけの森調査隊 at 12:03| Comment(0) | 6月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月08日

★トンボ オナガサナエ

オナガサナエ2081s.jpg
オナガサナエ♂(サナエトンボ科)体長約62mm 150610

6月の初め、自然観察園でミドリシジミをさがしていると、身体が黒と黄のしまもようのトンボがススキにとまっていた。色どりはオニヤンマ(約100mm)のようだがずっと小ぶりで、胸や背中のもようがちがい、何よりも、シッポの下がわがふくらんでいる(♂のみ)のが特ちょうだ。

オナガサナエ♂2036s.jpg
オナガサナエ♂(サナエトンボ科)150610

野川周辺には、サナエトンボのなかまはあまりいないが、コオニヤンマとオナガサナエは毎年観察されている。コオニヤンマは第66回調査会(120722実施)でヤゴが、オナガサナエは第63回調査会(110717実施)第69回調査会(130721実施)で羽化殻(うかがら)が見つかっている。

オナガサナエ♂背2075ccs.jpg
オナガサナエ(サナエトンボ科)150610

サナエトンボの名のごとく5月下旬から姿を見せ、真夏が最盛期、9月下旬まで見られるので、夏休みの野川で出会えるかもしれない。
posted by はけの森調査隊 at 10:03| Comment(0) | 6月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月30日

★活動報告 2015第2回ミニ調査会報告

第2回はけの森ミニ調査会 
2015/06/14実施 はけの森2にて  くもり  気温27℃  参加10名

早朝の雨もあがり、くもりがちの日ではありましたが、じっくりと緑地の生きものを観察しました。

朽木の中を見る_0001s.jpg
クワガタいないかな〜

緑地の何ヶ所かには様々な年代の「丸太積み」があります。新しいものも、4〜5年するとボロボロになって、クワガタムシをはじめ、いろいろな生きものの住み家となっています。

ハサミムシと卵0004.jpg
ハサミムシのなかま(マルムネハサミムシ科)成虫とたまご

くち木の中のくぼみに、ハサミムシとそのタマゴがありました。ヒゲジロハサミムシかと思われます。ハサミムシのメスはタマゴを守る性質があるとのこと。

コクワガタ幼虫0019s.jpg コマユバチの繭2192s.jpg
コクワガタ幼虫  サムライコマユバチ(コマユバチ科)のなかまのマユ 約10mm

熱心にくち木の中を調べていたM.I.隊員(小6)と T.I.隊員(小3)がコクワガタの幼虫を見つけました。前回のミニ調査会@(150412実施)でも、3匹見つけています。
「これ何だろう?」とM.K.隊員(小2)が小さなマユをひろってきました。調べたところ、サムライコマユバチ(チョウやガの幼虫に寄生するとても小さなハチ・たくさんの種がある)のなかまのマユでした。

クサカゲロウ幼虫2184s.jpg クロアゲハ♀0012産卵s.jpg
クサカゲロウ(クサカゲロウ科)のなかま幼虫 約4mm

シロダモの葉にはクサカゲロウの幼虫がいました。ゴミをしょって歩いています。

クロアゲハが、カラタチに産卵に来ました。♀は、表翅の赤い紋が大きくきれいです。(♂の表翅はほぼ真っ黒。)

虫捕り0023s.jpg
チョウチョ!
小さな虫!0016s.jpg     ヒキガエルこども3658.jpg
アッ、小さなカエル!        アズマヒキガエル(ヒキガエル科)のこども

第1回ミニ調査会のとき池にたくさんいたオタマジャクシがカエルになって、あちこちでピョンピョンはねていました。身体にはもようがありません。ヒカゲチョウも飛んでいました。

池の生きもの調査0024s.jpg
またザリガニがいたよ!
採ったもの見てる0026s.jpg  ザリガニの子ども0029s.jpg
何匹いるかな〜                  アメリカザリガニのこども
ヤブヤンマ羽化殻2213.jpg
ヤブヤンマ(ヤンマ科)の羽化がら 50mm

池には、ザリガニのこどもが10匹いました。ヤブヤンマの羽化がらが1つ、セキショウの葉についていました。この時期、いつも見つかるオオアオイトトンボのヤゴは1匹も見つかりませんでした。増えてきたザリガニに食べられてしまったのでしょうか?
9月のミニ調査会Bで成虫が見つかるといいのですが。  



posted by はけの森調査隊 at 14:33| Comment(0) | 6月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月25日

★甲虫 コクワガタが羽化したよ(追記150609・150625あり)

コクワガタ蛹8252s.jpg コクワガタ♀8422s.jpg
コクワガタ(クワガタムシ科)サナギ150517           コクワガタ♀ 150602 約22mm

今年度第1回ミニ調査会(150412実施)では、隊員たちがくち木の中にいるクワガタムシ3(終)令幼虫×3見つけました。何クワガタかな?ということで、3人の隊員が飼(か)ってみることになりました。
S.A.(小1)隊員から、6月2日に成虫が菌糸(きんし)カップの上方に出たきたとの報告と写真が届きました。早めの羽化です。他の隊員が飼っている2匹はまだ羽化していないようです。


追 記 150609

コクワガタサナギs(小俣).jpeg
コクワガタサナギ  150607  35mm

T.O.隊員(小3)から、「今、サナギになっています」との写真が届きました。♀のようです。菌糸ビンで飼っているとのこと。
また、M.I隊員(小6)のところは、「まだ幼虫だけど、黄色くなっているのでもうじきサナギになるだろう」とのこと。自然のくち木で飼っているそうです。

追 記 150625

コクワガタ♀羽化cs.jpg コクワガタ♀cs.jpg
 コクワガタ♀ 150620 羽化したて           コクワガタ♀  150621  28mm

T.O.隊員(小3)から、「6月20日の朝6時に羽化したてを発見、翌日には羽もかわき、元気にしています。色が赤っぽいです」との便りがありました。羽化したてを見ることができてよかったですね!

  




posted by はけの森調査隊 at 08:21| Comment(0) | 6月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月11日

★チョウ ミズイロオナガシジミ

ミズイロオナガシジミ1750s.jpg
ミズイロオナガシジミ♀(シジミチョウ科)開帳約30mm 150528

今年はゼフィルス類の出が早く、5月中旬ごろからアカシジミやウラナミアカシジミを見かけるようになった。下旬には、野川周辺で見られる平地性ゼフィルス4種(記事末の☆印文参照)が出そろい、例年より数も多いようだ。ミズイロオナガシジミは、飛んでいるのは見かけてもなかなか撮影できずにいたのだが、今回は友人の案内により、近くにとまっているのを撮影することができた。

ミズイロオナガシジミ1892s.jpg
ミズイロオナガシジミ♀(シジミチョウ科)  150606

表翅(おもてばね)は、♂も♀地味な黒い色をしている。♂と♀は区別しにくいが、前脚(ぜんきゃく=まえあし)のつま先をバレリーナのようにまっすぐ立てているのが♂、ペタッと地につけているのが♀。

☆平地性ゼフィルス6種のうち、野川周辺には、ミズイロオナガシジミ・アカシジミ・ウラナミアカシジミ・ミドリシジミが生息しています。ミズイロ・アカ・ウラナミの3種の幼虫の食樹はクヌギやコナラなどで、このあたり一帯どこにでもあり、ミドリシジミの幼虫の食樹ハンノキは、観察園にたくさんあります。ミドリシジミが出るのは一足遅く、クリの花が咲く6月中旬頃です。他の2種オオミドリシジミ(食樹はクヌギ・コナラなど)とウラゴマダラシジミ(食樹はイボタノキ)は、かつて生息していた記録があるので、復活を待つところです。(第62回調査会<チョウたちはどこにいる?>110625実施の報告記事より)
posted by はけの森調査隊 at 09:13| Comment(0) | 6月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月30日

★ガ ヒロズコガのなかま幼虫

ヒロズコガsp5495s.jpg
ヒロズコガ(ヒロズコガ科)のなかま幼虫   ミノの大きさ約7.5mm  130413

昨年の春、ブロックべいでヒロズミノガを探していたら、ヒロズミノガのすぐそばにちょっと違う形のミノムシがいてびっくり。肉眼では、ゴミか石のかたまりみたいだが、よく見ると小石をつづり合わせたケースだ。前出(140629付記事)のマダラマルハヒロズコガと同じヒロズコガ科に属(ぞく)するガの幼虫だった。ヒロズコガ科に属するガは多く、幼虫はケース(種によって材料は様々)をまとうものが多いとのこと。マダラマルハヒロズコガ幼虫のケースは、形が変わっているし、大きいので人目につきやすいが、多くのヒロズコガのなかまの幼虫は、とても小さく、背景にまぎれているので、気づかれないことが多いようだ。

ヒロズコガsp裏5535s.jpg
ヒロズコガ(ヒロズコガ科)のなかま幼虫  130413

裏がわは、こんなようす。ミノガ科の幼虫のミノとちがって、2枚のフタを合わせたような構造(こうぞう)になっている。

posted by はけの森調査隊 at 21:13| Comment(0) | 6月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする