2016年11月28日

★活動報告 2016第4回はけの森ミニ調査会 

第3回はけの森ミニ調査会 
2016/11/13(日)実施 はけの森緑地2にて  くもり  気温19℃  参加8名

秋も深まり、木々の葉も少しずつ色づき始めました。生きものの気配もあまりしなくなった緑地ですが、木の陰や朽木の中、葉の裏などをたんねんにさがすと、いろいろな生きものが見つかりました。

イロハモミジ紅葉cs.jpg
イロハモミジ                                (A.K.氏撮影)

モミジは上の方が赤くなりはじめています。

木の窪み見てる0001cs.jpg
こんなとこにカメムシがいる!

 エサキモンキツノカメムシ0007ss.jpg チャバネアオカメムシ0034.jpg
エサキモンキツノカメムシ(ツノカメムシ科)チャバネアオカメムシ(カメムシ科)

サクラの幹のくぼみの奥にエサキモンキツノカメムシがいました。おち葉のかげにはチャバネアオカメムシがいました。両種とも成虫で越冬します。

セアカツノカメムシ0028c.jpg
セアカツノカメムシ(ツノカメムシ科)            (A.K.氏撮影)

ササの上に、セアカツノカメムシがジッとしていました。ひなたぼっこでもしているのでしょうか?ミズキやサクラの実を吸汁(きゅうじゅう)します。これも成虫越冬です。

丸太積み見てる0005.jpg
まだ新しい木みたいだね

今年の5月に新たにできた丸太積みです。市内で伐採したサクラの木を運んできました。これからどんな生きものがやってくるか楽しみです。

朽木の中を見る0007s.jpg
クワガタやカブトの幼虫いないかなあ?


マクラギヤスデ7510s.jpg セスジアカムカデ7487s.jpg
マクラギヤスデ(シロハダヤスデ科)16mm セスジアカムカデ(メナシムカデ科)約60mm

朽木の中には、ヤスデやムカデ・ハサミムシなどがいました。マクラギヤスデは落ち葉や腐植土を、セスジアカムカデは小昆虫を食べます。

ジョロウグモcs.jpg ウラギンシジミ♂7465cs.jpg
ジョロウグモ♀(ジョロウグモ科)    ウラギンシジミ♂(シジミチョウ科)

緑地のあちこちにはジョロウグモの巣が張られていました。ウッカリ歩くとひっかかりそう。ウラギンシジミは、年何回も発生しますが、この時期は特に目立ちます。幼虫の食草はクズなどのマメ科植物。成虫越冬。(観察会が始まる前に入口付近の生け垣にいました。)

キタキチョウ0040s.jpg
キタキチョウ(シロチョウ科)                (A.K.氏撮影)

日だまりにフッとキタキチョウがやってきました。幼虫の食草はハギなどのマメ科植物。成虫越冬。

セキショウを鉢に植える0014s.jpg
この鉢の土はちょっとかたいなあ

池リニューアル(161013)の際にとり出した鉢にセキショウの苗を植え、池に入れました。皆ドロだらけになってがんばりました。

水草を入れた池0017s.jpg
水草が入った池

春になったら、藻(も)を入れたり、トンボがとまる竹棒などを入れます。

エナガ7520s.jpg
エナガ(エナガ科)体長約13cm  青虫をくわえている

終了のあいさいつをした直後に、エナガが数羽やってきました。ジュリジュリと鳴きかわしながら、しばし枝々の間をを飛びまわっていました。

写真見てる0021s.jpg
ワアー、きれいなバッタだ〜!

初参加のA.K.氏がアフリカで撮って来られたいろいろな生きものの写真を見せていただきました。思いがけなく、たくさんの見たこともないような生きものたちを見ることができて皆大喜び。
メニュー盛りだくさんのミニ調査会でした。



posted by はけの森調査隊 at 17:42| Comment(0) | 11月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月21日

★自然物工作 子どもたちの作品 <Happy world>

隊長が講師をしている保育園の園児(4才〜5才)たちの作品を紹介しよう。散歩に行って集めた木の実や葉っぱで、161119付記事「自然物工作 森で遊ぼう!」を参考にしながら、思い思いの情景を作り上げた。

    もり0003^.jpg
      こうえん0024cs.jpg
      かぞくとゆうえんち0018s.jpg

自然教室作品群0004s.jpg
posted by はけの森調査隊 at 17:14| Comment(0) | 11月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月19日

★自然物工作 森であそぼう!

2016あゆみ制作見本5367cs.jpg
森であそぼう!

木の実や木の枝、おち葉などで今年も工作。
色を塗った発泡スチロールと厚紙で土台を作り、いろいろなものを作ってボンドで貼り付ける。発泡スチロールは、枝などを挿せるので便利だ。

フクロウ                サル

クワガタ0001s.jpg ウマ4980s.jpg
クワガタ                ウマ

☆当サイト内右側の「分類」「★自然物工作」をクリックすると自然物利用の工作記事をまとめてご覧になれます。
続きを読む
posted by はけの森調査隊 at 21:33| Comment(0) | 11月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月20日

★自然物工作 発泡スチロールの土台に木の実や葉っぱをかざる

たんけんにいこう!0018s.jpg
たんけんにいこう!

秋も深まり、平地の木の葉も赤や黄色に色づいて、ドングリはすっかり落ちつくした。ひろい集めた木の実や枝、おし葉にしておいた葉っぱなどを使って、工作をしてみよう。木工用のボンドではりつけたり、発泡スチロールの土台にさしてもよい。

   マツボックリ人形20019s.jpg           ドングリのリスs.jpg

トカゲのなかま(工作)6318s.jpg 昆虫0124s.jpg

☆自然のものを使った工作の記事は当サイト内にいくつかあります。サイトトップ右側にある「分類」の項の一番下にある★自然物工作をクリックしてみてください。
  
posted by はけの森調査隊 at 15:32| Comment(0) | 11月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月15日

★ハチのなかま ニホンミツバチ

  ニホンミツバチ0105s.jpg
  ニホンミツバチ(ミツバチ科) 141115

武蔵野公園にニホンミツバチの巣があるよ、と聞いたので出かけてみた。サクラの木の洞(ほら)にその巣はあり、秋も深まってきているのでほとんどのハチは巣の中にいるらしく、何匹か出入りしているだけだ。
ニホンミツバチは寒さに強く、巣の中で冬を越す。女王蜂の寿命は2〜3年、働き蜂は1ヶ月(越冬群は4〜5ヶ月)、分蜂(ぶんぽう)により毎年その群の女王蜂は更新され、働き蜂も更新されて、何もなければその1群は5年、10年と存続することができるとのこと。


ニホンミツバチ8452s.jpg
ニホンミツバチ(ミツバチ科) 110213 国分寺市

国分寺薬師堂(やくしどう)の仁王門(におうもん)の洞を出入りしているニホンミツバチ。3年前の2月、大雪の翌日にもかかわらず、気温が高めだったせいか、屋根の上の方にとまっているものもいた。20年位前にもここに巣があるのを見ているので、ずっと続いているのだろうか?人通りの多いこのような場所だけれど、人々に暖かく見守られているのだろう。2014年現在もまだ繁殖(はんしょく)し続けているだろうか?

セイヨウミツバチ9859s.jpg
セイヨウミツバチ(ミツバチ科) 110410

ふだんよく見かけるのはセイヨウミツバチ、もともとはヨーロッパからアフリカ、中近東にかけて分布していた種類が、養蜂(ようほう)に利用するために家畜化(かちくか)されたもので、日本には明治時代に移入された。

posted by はけの森調査隊 at 14:47| Comment(0) | 11月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月30日

★活動報告 2013 第4回はけの森ミニ調査会

第4回はけの森ミニ調査会 
2013/11/10実施 はけの森2にて  晴  気温21℃  参加16名


秋も深まり飛んでいる虫もほとんどいなくなりましたが、緑地の木のかげや石の下など、あちこちで虫さがし。参加者も多くにぎやかな半日でした。

遊ぶ3人s.jpg

お兄ちゃんお姉ちゃんと一緒に参加した小さな弟や妹達も元気いっぱい。お友達と広い野原をかけまわるのは楽しい。

藁巻cs.jpg         アカマツワラ巻s4363.jpg
しっかりしばってね!

冬ごしの生きもの調べをするため、アカマツとケヤキにワラ巻きをしました。2年前にもワラ巻きの中に入った虫の観察をしたことがあり、テントウムシやゾウムシのなかま・クモ等、いろいろな虫が冬ごしをしていました。
第61回はけの森調査会<ワラ巻きの中をしらべよう!>(11.2.19実施)参照

ジョロウグモs.jpg
ジョロウグモ♀(ジョロウグモ科)

池のそばの木々の間に、ジョロウグモの大きな網(あみ)がかかっていました。巣のまん中にいる大きくて派手(はで)なのは♀で、♂は小さく(♀の半分以下)、すみっこの方にいます。
参考:ジョロウグモ


ヒキガエル見てる.jpg
冬眠(とうみん)しようとしてたところじゃない? 早くもどそうよ・・・

緑地のすみのおち葉やがつもったところに、アズマヒキガエル(ヒキガエル科)がいて、みんな大さわぎ。この緑地には何匹も住みついていて、早春の池には卵がたくさん、6月初め頃には、カエルになったばかりの黒い小さなカエルがピョンピョンはねています。これは、ずいぶんと黄色い個体ですが、アズマヒキガエルの体色はさまざまです。

オオアオイトトンボ1445cs.jpg ハサミムシのなかまs.jpg
オオアオイトトンボアオイトトンボ科)  ハサミムシのなかま

もういないかなーと思っていたオオアオイトトンボ、池の中の竹棒に1匹しずかにとまってました。「トンボを見たい」言っていた初参加の子も、じっくりと見ることができました。

池の生きものs.jpg
ちっちゃいザリガニだ〜
アメリカザリガニ小s.jpg            ドングリ人形s.jpg
アメリカザリガニのこども             ドングリ人形

生きもの観察を終えた後は、ドングリ人形材料のプレゼント(持ち帰り)。<クヌギのドングリとハカマ(ぼうし)・ヨウジ・マツボックリ・輪切りの木材>のセットです。
みなさん、うまく作れましたか?

☆今回も、写真は特別隊員T.K.氏にご協力いただきました。

    
posted by はけの森調査隊 at 17:38| Comment(0) | 11月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月19日

★チョウ ヒメアカタテハ産卵

ヒメアカタテハ4111s.jpg
ヒメアカタテハ♀(タテハチョウ科) 131101

日だまりになっている住宅地の塀(へい)ぞいにヒメアカタテハが飛んでいた。オヤ、こんなところに、と思ってよく見ると、チチコグサモドキ(キク科・帰化植物)が点々と生えている。案の定(あんのじょう)、時々葉表に産卵しているようす。

ヒメアカタテハ4116s.jpg
ヒメアカタテハ♀(タテハチョウ科) 131101

壁にとまったり、近くに植えてあるラベンダーの花で吸蜜したり、ひとしきりそのあたりを飛び回っていた。このあたりでは、そう数多く見られる種類ではないが、チョウの少なくなってきた晩秋などに飛んでいると目立つ。
後日卵をさがしてみたら1コだけ見つかった。チチコグサモドキは、この塀ぞいのあちこちに生えているので、まだどこかに卵がついていると思われる。草取りでぬかれなければ、こんな人目(ひとめ)につかないところで幼虫は育ち、知らぬ間にチョウが発生することだろう。

ヒメアカタテハについては、は2011.9.28付記事をご参照ください。

  
posted by はけの森調査隊 at 21:23| Comment(3) | 11月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月11日

★自然物工作

Dream Land4108s.jpg
<ドリームランド>             「みんないっしょにあそぼうよ!」 

秋の散歩(さんぽ)はドングリひろいやおち葉ひろい、ついでにいろいろな木の実や枝やドライフラワー、きれいなものやおもしろいものを何でもひろって来て工作をしよう。
土台はあき箱やダンボール、発泡(はっぽう)スチロール、家にあるものでOK、色をぬったりきれいな紙をはったり、工夫しだい。あとは好きな形を考えてボンドではりつけるだけ。
かざる時は、100円ショップの小型イーゼル(画架)を使うと便利。

☆自然のものを使った工作の記事は当サイト内にいくつかあります。サイトトップ右側にある「分類」の項の一番下にある★自然物工作をクリックしてみてください。
  
   
   
posted by はけの森調査隊 at 09:48| Comment(0) | 11月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月27日

★活動報告 2012第4回ミニ調査会

第4回はけの森ミニ調査会 
2012/11/11実施 はけの森2にて  晴れ  気温15℃  参加7名 

はけA121111s.jpg
はけの森緑地2 121111

だいぶ秋めいて、飛び交うものもいないはけの森2ですが、じっくり見ているといろいろな生きものを発見できます。

木の根元調べ.jpg
なにかいそうだよ!

木の根元をさぐると、クモ類がはい出して来たり、また、コガネムシ類の幼虫などもいました。ウメの木には、シラホシコヤガの空マユがついていました。

朽ち木見てる.jpg
これは虫のたまごかなあ? 

昨年〜昨年、カブトムシの幼虫が見つかった場所(丸太積みがボロボロに朽ちている)はもうエサなるようなものがなくなったのか、カブトムシは見つからず、ハサミムシやサシガメのなかまがいました。

コミズムシ2333s.jpg
コミズムシ(ミズムシ科)sp. 約5mm

池の生きもの調べでは、この池では初めてのコミズムシを発見。チョロチョロと元気よく泳ぎ回って、「かわいい、かわいい」とたちまち人気者。このなかまは、風船虫とよばれ、小さな紙切れを入れると、それにつかまって浮き上がって来ると聞いていたので、紙切れを入れて試してみました。はじめ、大きすぎる紙を入れてしまい、少し持ち上げがるところしか観察できずに時間切れとなってしまいましたが、次回見つけたら、もっと小さな紙を入れてゆっくり観察してみようと思っています。
参考 http://kids.tokyo-shoseki.co.jp/kidsap/downloadfr1/htm/err40909/err44132-66.htm

クロイトトンボ若令幼虫2269s.jpg
クロイトトンボ(イトトンボ科)若令幼虫 

クロイトトンボのヤゴも2匹いました。細くてきれいな緑色、とても若いので弱々しい感じです。5月頃羽化します。当日は、オオアオイトトンボのヤゴかと勘違いしてしまいましたが、写真をよく見ると尾鰓(びさい=しっぽ)のもようや頭の形がちがうし、オオアオイトトンボは、卵越冬でした。

ヤゴ調べs.jpg
ヤブヤンマ幼虫とクロスジギンヤンマの幼虫、目の形をくらべてみよう

その他、クロスジギンヤンマのヤゴ×2とヤブヤンマのヤゴ×1、ミズムシなどがいました。クロスジギンヤンマは5月はじめごろに、ヤブヤンマは6月はじめごろの羽化、今は大きさがだいぶちがいます。


posted by はけの森調査隊 at 11:16| Comment(0) | 11月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月20日

★チョウ コムラサキ幼虫木を下る

コムラサキ幼虫下る2426顔s.jpg
コムラサキ幼虫(タテハチョウ科)シダレヤナギを下る  121120  14:00頃

野川公園に植えられているシダレヤナギ並木の周辺では、2005年夏以来毎年コムラサキが飛び、2010冬からは毎年幼虫も観察されている。11月にしては暖い(18℃)この日、散歩の途中に、ふと、もう越冬しているだろうか?といつものヤナギに立ち寄ってみたら、ちょうど上の方からおりて来る幼虫がいた。

コムラサキ幼虫木を下る2363明s.jpg
コムラサキ幼虫(タテハチョウ科)シダレヤナギを下る 121120

時々立ち止まって木のヒダに身を寄せたり、上向きになったり、ゆっくりゆっくり、いちばん良い越冬場所をさがしながらおりてくる。前日は気温10℃、冷え冷えとした日だった。そろそろおり時、と感じたのだろうか。30分ほどの間に、地上2mあたりから、1mほどおりて来て、まだ移動を続けていた。時間切れとなってしまったので、落ちつき場所は後日確かめに行くつもりだ。

☆春になって、越冬から目覚め木を上るのはいつ頃だろうか?今年の4月2日、J.W.隊員からの報告があった。ご参照ください。
posted by はけの森調査隊 at 22:30| Comment(0) | 11月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする