2017年06月30日

★活動報告 第80回はけの森調査会<初夏のチョウをさがそう!A>報告

17/06/04(日)9:30〜12:00 晴れ 気温27℃  参加30名
コース:野川公園北門(二枚橋)〜わき水広場

しゅっぱーつ0002s.jpg
しゅっぱーつ!

良い天気です。草刈り前の野川の土手は、歩くのもたいへんなほど草が茂っていました。

モンシロチョウ2114s.jpg スジグロシロチョウs.jpg
モンシロチョウ(シロチョウ科)     スジグロシロチョウ(シロチョウ科)
ガガンボs .jpg ウリハムシモドキ9333s.jpg
ガガンボのなかま(ガガンボ科)    ウリハムシモドキ(ハムシ科) 約5.5mm
ヤブキリ幼2051.jpg
ヤブキリ幼虫(キリギリス科)約30mm

モンシロチョウやスジグロシロチョウ、シオカラトンボが飛び、バッタのなかまの幼虫や名前のわからない小さな虫など、いろいろな生きものが草むらにいました。

虫が居たよ03674s.jpg
つかまえたよ!

皆夢中でかけ回り、それぞれの虫かごの中は、だんだんにぎやかになっていきます。

川の中0004s.JPG これなーに?0006s.JPG
川全景0805cs.jpg
柳橋付近                              A.K.氏撮

ここまでに採った虫は、スタッフの説明を聞きながら皆で見た後に草むらに逃し、水の中の生きもの観察です。
野川の水はとても少なくなっていて、川底が出ているところもあります。このポイントでは、生きものも少なく、カワエビのなかまやアメンボ等がいました。

クロコノマチョウ幼9426cs.jpg
クロコノマチョウ幼虫(タテハチョウ科) 約40mm

自然観察園に入りました。ヨシの葉にクロコノマチョウ幼虫が何匹もいました。ススキやオギなど、イネ科植物を食べます。

ウラナミアカシジミ2s.JPG
ウラナミアカシジミ(シジミチョウ科)                A.K.氏撮

この日は公園内のあちこちで見られ、低い所にも居たりして、子どもたちの虫カゴにも入っていてびっくり。発生のピークかもしれません。

アカシジミ_1s.jpg
アカシジミ(シジミチョウ科)                    A.K.氏撮

ミズイロオナガs.jpg ルリシジミs.jpg
ミズイロオナガシジミ(シジミチョウ科) ルリシジミ(シジミチョウ科)A.K.氏撮

ミドリシジミ♂s.jpg
ミドリシジミ(シジミチョウ科)                   A.K.氏撮

大人気のミドリシジミは、カメラマンが大勢居て、よく見ることができませんでしたが、A.K.氏が、解散後撮影に再挑戦、きれいな開翅を撮影されました。

ナナフシモドキcs.jpg アカスジキンカメムシ9286s.jpg
ナナフシモドキ(ナナフシ科)幼虫   アカスジキンカメムシ(キンカメムシ科)
                   
ナナフシモドキは公園内や野川ぞいで時々見かけます。木の葉にさわっただけですぐに落ちてしまい、さがすのに一苦労。アカスジキンカメムシは、冬〜春に幼虫をよく見かけます。

水生昆虫見てるs.jpg
水生昆虫しらべ

わき水広場の小川で、水の中の生きものの観察。オニヤンマ幼虫・フタスジモンカゲロウ幼虫フタツメカワゲラ幼虫ガガンボ幼虫サワガニ・アメリカザリガニ等が見つかりました。
「初夏のチョウをさがそう!>のテーマにふさわしく、上記平地性ゼフィルス4種・コミスジホシミスジテングチョウヒメウラナミジャノメヤマトシジミ・ダイミョウセセリ等、たくさんのチョウを見ることができた、チョウ日和の半日でした。
posted by はけの森調査隊 at 14:12| Comment(0) | 6月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月28日

★トンボ オオアオイトトンボ羽化

オオアオイト羽化15892s.jpg
オオアオイトトンボ♂(アオイトトンボ科) 170627 8:42

6月24日、小金井市内の栗山公園の人口池に網を入れてみたところ、思いがけずオオアオイトトンボ終令幼虫が何匹も入った。2匹持ち帰り、水槽にセキショウの葉を立てておいたところ、27日の朝、羽化がはじまっていた。

オオアオイト羽化25897s.jpg
オオアオイトトンボ♂(アオイトトンボ科) 170627 8:43

ゆっくり少しずつ身体が出てきて、最後はスルッと上へ抜け出した。頭を出しはじめてから約1時間くらいかかった。

オオアオイト羽化39839s.jpg
オオアオイトトンボ♂(アオイトトンボ科) 170627 8:50

小さくちぢんでいた羽が、少しずつ伸びて行く。

オオアオイト羽化49862s.jpg
オオアオイトトンボ♂(アオイトトンボ科) 170627  9:16

羽も身体も伸びきり、しばらくはジッとしたまま羽をかわかしていたが、1時間くらいしてフッと飛び立った。

はけの森緑地2の池では、毎年オオアオイトトンボが繁殖していたが、昨年11月のリニューアル後は、まだ成虫も幼虫も見られていない。この夏〜秋にはまたどこかからやってくるのではないかと期待しいる。

トンボの羽化の型には、倒垂(とうすい)型と直立(ちょくりつ)型の2つがあり、ヤンマ科やトンボ科(シオカラトンボ等)は倒垂(とうすい)型、イトトンボ科やサナエトンボ科は直立型に属していて、このオオアオイトトンボも直立型。

posted by はけの森調査隊 at 13:52| Comment(2) | 6月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月25日

★その他の昆虫 ウスバカゲロウ

ウスバカゲロウs.jpg
ウスバカゲロウ(ウスバカゲロウ科)前翅長約40mm    170622

R.Y.隊員(小2)から楽しいお便りと写真が届きましたので紹介します。

「きのう、大雨だったですよね。
学校から帰る途中、ウスバカゲロウが雨宿りをしていました。
で、家に持って帰って みました。
写真をとってみたので、みてください。
前、虫調査で捕まえたアリジゴクもげんきですよ。
去年、ホームセンターで買ったアリジゴクは
無事に冬を越して、さいきん沢山えさを食べています。」

ウスバカゲロウの幼虫はご存知アリジゴク、野川公園のベンチの下や建物の軒下にも巣があります。6月頃から成虫が見られるようになります。夜行性ですが、昼間でも、うすぐらいところでジッとしていたり、フワーッと飛ぶのを見かけることがあります。
飼っているアリジゴクも、うまく成虫になるといいですね。


posted by はけの森調査隊 at 14:06| Comment(0) | 6月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月20日

★チョウ ゴマダラチョウ幼虫

ゴマダラチョウ幼虫9677s.jpg
ゴマダラチョウ幼虫(タテハチョウ科) 25mm 170619

実生の小さなエノキが生えていると、幼虫はいないかなあ?といつもさがしてみる。この日、人家の垣根脇の小さなエノキ(約50cm)の葉にジッととまっていたのはゴマダラチョウの幼虫。アカボシゴマダラ幼虫は時おり見つかるが、ゴマダラチョウ幼虫が見つかることはまれだ。(アカボシゴマダラの突起はヘラ形で4対ある。シッポの先を閉じている<例外もたまにある>。)

かお9668s.jpg
ゴマダラチョウ幼虫 170619

しばらくすると動き出しさかさまになった。裏がわから顔を撮ってみた。まだまだ育ちざかりで、もう1〜15mmくらいは大きくなる。


posted by はけの森調査隊 at 12:03| Comment(0) | 6月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月12日

★活動報告 2017第2回はけの森ミニ調査会報告

第2回はけの森ミニ調査会 
2017/05/14(日)実施 はけの森緑地2にて  くもり  気温20℃  参加18名

緑地遠景0014.jpg

4月の頃はタンポポやムラサキハナナが咲きそろって花畑のようだった緑地は草ボウボウの野原となり、木々の緑も増して、くもりがちのこの日はうすぐらいほどです。

ホソヒラタアブ.jpg
ホソヒラタアブ(ハナアブ科)約10mm                                            A.K.氏撮

ハルジオンの蜜を吸っている小さなハナアブ。ヒラタアブのなかまはたくさんいますが、この辺で一番良く見かけるのはこのホソヒラタアブです。

ホソヒラタアブさなぎ    約7mm     ゾウムシ(ゾウムシ科)のなかま 約5mm

マガリケムシヒキ02940s.jpg
マガリケムシヒキ(ムシヒキアブ科) 体長約18mm                               A.K.氏撮

いろいろな小昆虫を食べます。頭の後の毛の束が直角にまがっていることからこの名がつきました。緑地のあちこちで見られました。

カラスノエンドウ茂みs0010.jpg
テントウムシ、たくさんいるよ〜〜

ナナホシ幼虫9047s.jpg

ナミテントウ幼虫s.jpg  ナミテン蛹9007s.jpg   アブラムシ9049cs.jpg
ナミテントウ幼虫(蛹になる準備) ナミテントウサナギ      アブラムシ

カラスノエンドウが茂った一角があり、そこはテントウムシだらけ。一番多くいたのは、ナナホシテントウの幼虫。成虫も数匹、サナギやサナギがらもありました。幼虫も成虫もアブラムシを食べます。カラスノエンドウにはアブラムシがいっぱい。

虫カゴ見てる0012.jpg
いろんな虫入ってるよ!

           花かご5533.jpg     花かご5536.jpg
     K.K.さんの作品         T.T.さんの作品

フィルムケースを利用した花かごを作りました。個性的で素敵です。

ハナアブ幼虫・ミジンコ5549s.jpg
ハナアブの幼虫・ミジンコ

昨年11月のリニューアル後初の池の生きもの調べです。「これな〜に?」と皆びっくりしたのはハナアブの幼虫です。ハナアブのなかまには、幼虫が水の中で育つ種(オオハナアブ等)もいます。呼吸管(シッポのように見える)は、のばしたりちぢめたりするらしく、他の3匹はこの 1/3くらいでした。水中の腐食質を食べます。ヤゴは見つかりませんでした。

モノアラガイ5556s.jpgモノアラガイの卵.jpg
モノアラガイ(モノアラガイ科)               モノアラガイの卵

ボウフラのサナギ 約2mm       ファーブルでミジンコを見る 

黒い小さな生きものがすばしこく水中を動いていました。後で調べた結果、ボウフラのサナギ(通称オニボウフラ)と判明。この写真は、上から撮ったのでシッポの部分が見えていません。サナギなのに動きます。

 全景360度s.jpg
観察風景                              A.K.氏撮

A.K.隊員が撮って下さった、全周天レンズ撮影の観察風景です。

その他観察したもの
セイヨウミツバチ・キバラモクメキリガ幼虫・コメツキムシのなかま・ヒシバッタ・チャバネゴキブリ幼虫・オタマジャクシ・アメリカザリガニ×3
続きを読む
posted by はけの森調査隊 at 12:00| Comment(0) | 5月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月21日

第80回はけの森調査会のお知らせ<初夏のチョウをさがそう!A>のお知らせ

  ミズイロオナガシジミ1733cs.jpg
                         ミズイロオナガシジミ

第80回はけの森調査会<初夏のチョウをさがそう!A>
                      小金井市報5/15号掲載

日 時  6月4日(日)9:30〜12:00 雨天中止      
集 合  9:30都立野川公園北門(二枚橋:東町1丁目)  
解 散  12:00野川公園内わき水広場
内 容  チョウを中心に初夏の生きもの観察
持ち物  ぼうし・水筒・観察用具(虫&魚網・虫入れ・虫めがね等)
参加費 100円(資料代等)
対 象  子供から大人までどなたでも
後 援    小金井市
申込・問い合わせ はけの森調査隊 hakenomori@gmail.com まで

☆当日集合場所でも受け付けます
☆今年度の活動予定はこちら

天候があいまいな場合は、当日午前8時に、開催or中止かのお知らせを
 当サイトトップに掲載します。
posted by はけの森調査隊 at 18:06| Comment(0) | 活動予定・例会のお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月02日

2017 第2回はけの森ミニ調査会のお知らせ

    ヒゲブトハナムグリ8433s.jpg
                           ヒゲブトハナムグリ

第2回はけの森ミニ調査会

日時  5月14日(日) 午前10:10〜11:40 雨天中止
場所  はけの森緑地2(中町4-12)
内容  緑いっぱいの緑地で生きもの観察
    (池の中の生きもの調査もします)            
持ち物 ぼうし・水筒・観察用具(虫&魚網・虫入れ・図鑑・長靴など)
参加費 無料
問合せ hakenomori@gmail.com まで 
  
☆時間内いつでも、どなたでもお気軽に
☆2017年度年間予定につきましては、こちらをご覧ください

☆天候があいまいな場合は、当日午前9:00に、開催or中止かのお知らせを当サイトトップに掲載します。
posted by はけの森調査隊 at 20:52| Comment(0) | 活動予定・例会のお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月30日

★ガ クロハネシロヒゲナガ

クロハネシロヒゲナガ8370s.jpg
クロハネシロヒゲナガ(ヒゲナガカ科)開張約13mm  170430 

ムラサキハナナやハナニラが満開だったはけの森緑地2は、しばらく見ぬ間にすっかり様変わりし、タンポポやセリバヒエンソウ(帰化植物)が花盛りだ。この季節に一度は出会いたいヒゲナガガのなかまが草の間をチラチラと飛んでいた。

クロハネシロヒゲナガ8256s.jpg
クロハネシロヒゲナガ♂×2 170430

しばし♂同士がもつれあっていたが、じきにそれぞれの方向へ飛んでいった。♀は触覚が短い。翅の色は、光線の当たり具合で違う色に見える。食草は、ネズミムギ・オオスズメノカタビラとのことだが、緑地には生えていないので、他のそれに似た食草があるのか、よそから飛んできたのか?
posted by はけの森調査隊 at 14:23| Comment(0) | 4月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月16日

★チョウ 春型モンシロチョウ・スジグロシロチョウ

ソメイヨシノ0012cs.jpg
サクラ<ソメイヨシノ>(バラ科) 170413

新年度第1回ミニ調査会は雨のため中止となったので、その数日後、はけの森緑地2に行ってみた。サクラは満開を過ぎ、風に花びらが舞っていた。

カルガモ×20005s.jpg
カルガモ(ガンカモ科) 170413

野川から飛んで来たのだろうか、カルガモ2羽が、ゆうゆうと泳いでいた。

モンシロチョウ春型♂7995s.jpg
モンシロチョウ♂春型(シロチョウ科) 170413

ムラサキハナナ・ハナニラ・タンポポは花盛り、2匹白いシロチョウが飛び回っていた。春一番に出てくるモンシロチョウは、紋が小さかったりうすかったりする。

スジグロシロチョウ春型7987s.jpg
スジグロシロチョウ春型(シロチョウ科) 170413

2匹ともモンシロチョウかと思ったら、1匹はスジグロシロチョウだった。紋が無く、表翅の先の黒い部分が少なく、黒いスジがある(翅脈のまわりの鱗粉が黒くなっているため)

モンシロ♂♀0194s.jpg
モンシロチョウ♂(開翅)♀ 110416

これはちょうど6年前に撮影したもの、♀は交尾後、あちこちの菜の花やキャベツに産卵し、約1ヶ月後の5月中〜下旬には、2化目が発生する。

posted by はけの森調査隊 at 14:10| Comment(4) | 4月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月09日

本日(4.9)のミニ調査会は中止

雨のため、本日(4.9)の第1回ミニ調査会は中止となりました。

次回調査会は
5月14日 10:10~11:40 第2回はけの森ミニ調査会 はけの森緑地2にて

2017年度の年間予定はこちら
posted by はけの森調査隊 at 08:50| Comment(0) | 活動予定・例会のお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする