2016年06月06日

★活動報告 2016第2回はけの森ミニ調査会

第2回はけの森ミニ調査会 
2016/05/08(日)実施 はけの森緑地2にて  晴れ  気温27℃  参加21名

緑地遠景0001s.jpg

良い天気になりました。4月の第1回ミニ調査会の時よりだいぶ草が茂って、木々の緑も濃くなっています。思い思いに、飛んでいる虫をおいかけたり、くち木や土の中の生きものをさがしたりしました。

モンシロチョウ終令幼虫3473s.jpg カブラヤガ幼虫4143.jpg
モンシロチョウ終令幼虫  24mm                            カブラヤガ幼虫 30mm 

花が終わって実がたくさんついている菜の花にモンシロチョウの幼虫がいました。草むらを歩いていた黒い幼虫、何だろう?と後で調べたらカブラヤガの幼虫でした。

トホシテントウ.jpg アトジロサビカミキリ4128cs.jpg
トホシテントウ 7mm        アトジロサビカミキリ(カミキリムシ科)10mm

トホシテントウは、幼虫も成虫もカラスウリ類の葉を食べます。昨年5月のミニ調査会では、サナギを観察しています
シロダモの葉にいたアトジロサビカミキリは、枯れ枝の樹皮や枯れ葉を食べ、幼虫は木の中を食べます。

虫を追いかける0007s.jpg
黒いアゲハつかまえた!0016s.jpg
黒いアゲハを採ったよ!

ナガサキアゲハ♂4101s.jpg アオスジアゲハ4103s.jpg
 ナガサキアゲハ(アゲハチョウ科)       アオスジアゲハ(アゲハチョウ科)

この緑地には、ナガサキアゲハ幼虫の食樹カラタチやミカン、アオスジアゲハ幼虫の食樹クスノキやシロダモがあり、またアゲハ類の通り道になっているようです。すばやく飛んで行くチョウたちを皆夢中で追いかけました。

図鑑で調べる0025s.jpg
このバッタの特ちょうをよーく見てみよう・・頭がとがっているね・・・

特別隊員K.T.氏に、図鑑を使っての調べ方を教わりました。皆真剣に図鑑とにらめっこ。

クビキリギス4104s.jpg
クビキリギス(キリギリス科) 体長約60mm

名前を調べたあと、写真を撮ろうと虫カゴから出してたらすぐに飛んで、参加者の杖(つえ)にとまりました。茶色いタイプもいます。成虫越冬して3月末ごろからジーーーと鳴きます。エサはイネ科の植物や昆虫。

池の生きもの調べ0033s.jpg
何がとれたかな?

池には、いろいろな大きさのアメリカザリガニが35ひきいました。

☆その他観察したもの
ホソオビヒゲナガ・コメツキムシのなかま・コクワガタ幼虫×2・ナミテントウナミテントウサナギゾウムシのなかま・ノミバッタ・ムシヒキアブのなかま・ヒラタアブのなかまサナギ
posted by はけの森調査隊 at 09:43| Comment(3) | 5月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月05日

6月5日(日)第77回調査会は中止

本日は雨のため、残念ながら調査会は中止とさせていただきます。

次回調査会は7月17日(日)第78回調査会「夏のトンボをさがそう!」です。
posted by はけの森調査隊 at 07:54| Comment(0) | 活動予定・例会のお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月24日

第77回はけの森調査会<初夏のチョウをさがそう!>のお知らせ

   アカシジミ9001ss.jpg                                    アカシジミ

第77回はけの森調査会<初夏のチョウをさがそう!>
                      小金井市報5/15号掲載

日 時  6月5日(日)9:30〜12:00 雨天中止      
集 合   9:30都立野川公園北門(二枚橋:東町1丁目)  
解 散  12:00野川公園内わき水広場
内 容  チョウを中心に初夏の生きもの観察
持ち物  ぼうし・水筒・観察用具(虫&魚網・虫入れ・虫めがね等)
参加費 100円(資料・保険代)
対 象  子供から大人までどなたでも
後 援    小金井市
申込・問い合わせ はけの森調査隊 hakenomori@gmail.com まで
☆ 当日集合場所でも受け付けます

☆今年度の活動予定はこちら

☆天候があいまいな場合は、当日午前8時に、開催or中止かのお知らせを
 当サイトトップに掲載します。
posted by はけの森調査隊 at 17:37| Comment(0) | 活動予定・例会のお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月30日

★活動報告 2016第1回はけの森ミニ調査会報告

第1回はけの森ミニ調査会 
2016/04/10(日)実施 はけの森緑地2にて  くもり  気温23℃  参加29名

池のサクラ花びら0004s.jpg
サクラの花びらでいっぱいの池

新年度第1回目の調査会です。サクラ(ソメイヨシノ)の花びらが散って、池をうめつくしていました。新隊員の参加も多く、それぞれに好きな場所を探索(たんさく)して、いろいろな生きものを見つけました。

アゲハだ!0018.jpg
アッ、アゲハだ!

つかまえた!0007s.jpg 蜂宿0008s.jpg
これはなんていう虫だ?         この中に虫がはいってるんだ・・・

つかまえたのは黒い小さな虫、アブのなかまでした。入り口がドロなどでふさがれている竹筒の中には、いろいろな狩り蜂の前蛹(ぜんよう)や蛹(さなぎ)が入っています。春〜夏にかけて羽化します。

クワガタ幼虫居るかな?0010s.jpg
クワガタの幼虫3937s.jpg
コクワガタ(クワガタムシ科)の幼虫

くち木をくずしてみると、コクワガタの幼虫がいました。どんな成虫になるか確認のため2隊員が持ち帰って飼ってみることにしました。昨年の調査会(150412実施)でも3匹見つかり、3隊員持ち帰り飼育しました。飼育報告はこちら

ジャコウアゲハ蛹3951cs.jpg
ジャコウアゲハ(アゲハチョウ科)のサナギ

カラタチの茂みの中の方の枝に、ジャコウアゲハのサナギがついていました。緑地には食草のウマノスズクサがあるので、毎年ここで幼虫が育っています。参照:2012.06.30付記事「2012第2回はけの森ミニ調査会」
サナギは、女の人が後ろ手にしばられているような形をしているので、「お菊虫」と呼ばれています。

ツマキチョウつかまえたよ0022s.jpg ツマキチョウ裏翅1086s.jpg
チョウチョをつかまえたよ!      ツマキチョウ(シロチョウ科)

この緑地には、食草のひとつムラサキハナナ(アブラナ科)がたくさんあるので、この時期には毎年ツマキチョウを観ることができます。

         090402付「ツマキチョウ」

陸のいきものまとめ0034s.jpg
陸の生きもののまとめ

池の生きもの調べ0043.jpg
池の生きもののまとめ
ヤブヤンマヤゴ(若令)3940s.jpg            ファーブルで観察0025.jpg
ヤブヤンマ(ヤンマ科)若令幼虫         顕微鏡(ファーブル)で観察

池にはヤブヤンマの小さなヤゴが1匹と、アメリカザリガニの子どもが35匹もいました。

タマムシ幼虫3946s.jpg ヤマトタマムシ幼虫s.jpg
ヤマトタマムシ(タマムシ科)幼虫    ヤマトタマムシ幼虫(ウェブサイトより)

解散後、R.Y隊員が柵(さく)の脇にころがっていたくち木の中にいたヤマトタマムシの幼虫を見つけました。はじめはお尻しか見えていなかったのですが、顔を少しだけ出しました。写真を撮ったあと、くち木を奥の安全な場所に移しました。成虫は、野川周辺で何度も観察していますが、幼虫は初めてです。無事成虫になるといいですね。




続きを読む
posted by はけの森調査隊 at 14:18| Comment(0) | 4月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月26日

2016第2回はけの森ミニ調査会のお知らせ

第2回はけの森ミニ調査会 のお知らせ

   ホソヒラタアブ4027cs.jpg
                           ホソヒラタアアブ

日時  5月8日(日) 午前10:10〜11:40 雨天中止
場所  はけの森緑地2(中町4-12)
内容  春たけなわの緑地でいろいろな生きものを観察
    (池の中の生きもの調査もします・長靴があると便利)             
持ち物 ぼうし・水筒・観察用具(虫&魚網・虫入れ・図鑑・長靴など)
参加費 無料
問合せ hakenomori@gmail.com まで 
  
☆時間内いつでも、どなたでもお気軽に
☆2016年度年間予定につきましては、こちらをご覧ください

☆天候があいまいな場合は、当日午前9:00に、開催or中止かのお知らせを当サイトトップに掲載します。
posted by はけの森調査隊 at 21:08| Comment(0) | 活動予定・例会のお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月24日

★チョウ アゲハ(ナミアゲハ)産卵

アゲハ飛3179s.jpg
アゲハ♀(アゲハチョウ科) 160422

4月半ばごろになると、アゲハチョウのなかまを良く見かけるようになる。アゲハ・キアゲハはもちろん、クロアゲハも飛び始めている。うららかな陽をあびてアゲハがカラタチにやって来た。

アゲハ産卵3181s.jpg
アゲハ♀(アゲハチョウ科) 160422

アゲハはミカン科の様々な植物に産卵するが、カラタチが一番好きなようだ。

アゲハ産卵3166s.jpg
アゲハ(アゲハチョウ科) 160422

鉢植えのシークワーサーにも産卵して行った。新芽や若い葉に産むことが多い。表に産むことが多いが、裏に産卵することもある。

アゲハ卵3230s.jpg
アゲハの卵 約1mm 160424 シークワーサーの葉裏に産卵された卵

産卵から2日たった卵。はじめはうすいクリームをしているが、時間がたつと黄色くなる。

ブログ内記事参照


posted by はけの森調査隊 at 12:13| Comment(0) | 4月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月15日

★チョウ ツマキチョウ産卵・卵・幼虫(追記あり)

ツマキチョウ♀飛3896s.jpg
ツマキチョウ♀(シロチョウ科) 160409

菜園の菜の花(種名はわからない)にツマキチョウがやって来た。ツボミに向かって飛んでいく。

ツマキチョウ産卵3895s.jpg
ツマキチョウ♀(シロチョウ科) 160409

ツボミの近くに産卵。

ツマキチョウ卵3048s.jpg
ツマキチョウの卵 約1mm

ツマキチョウの幼虫は、アブラナ科植物の花やツボミ、実を食べるので、花梗(かきょう=花のくき)や実のそばに産卵されることが多い。モンシロチョウの卵に似ているが、少し細長い感じだ。

ツマキチョウ卵×2・2988cs.jpg
ツマキチョウの卵 160413

菜の花のあちこちに産卵されていて、たまには葉についていることもある。初めは白いが、時間がたつと、モンシロチョウ同様オレンジ色になる。

追記 160417

ツマキチョウ1令幼虫3108cs.jpg
ツマキチョウ1令幼虫  2mm  160417

上記0413撮影の時にオレンジ色だった卵から幼虫が孵化していた。モンシロチョウは頭が黄色いが、ツマキチョウは黒い。

ブログ内記事ご参照下さい。



posted by はけの森調査隊 at 10:17| Comment(0) | 4月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月07日

★ハチ コウライクモカリバチの空き巣

コウライクモカリバチ空き巣3717s.jpg
コウライクモカリバチ(ギングチバチ科)空き巣 160226  1個の長さ約6mm

第76回調査会の際、武蔵野公園の休憩所の壁のくぼみ(高さ約1.6m)に、狩り蜂の空き巣があった。小金井周辺でも、狩り蜂が作る泥の巣は何種類か見ているが、こんな形のものは初めてだ。田仲義弘先生の「狩蜂生態図鑑」によると、ハグモ科のネコハグモ、カニグモ科のクモを獲物(えもの)としているとのこと。

コウライクモカリバチ空き巣3723s.jpg
コウライクモカリバチ(ギングチバチ科)空き巣 160226

別の壁についていた2個だけの空き巣。フタも残っている。東京都・埼玉県・栃木県では、絶滅危惧T類(ぜつめつきぐいちるい=絶滅のおそれがとても高い)に入っている珍しい種のようだ。

コウライクモカリバチ.jpg
コウライクモカリバチ(ギングチバチ科) 体長7〜8mm (ウェブサイトより拝借)

巣は、作られてからどのくらいたっているのかわからないし、この周辺にまだ生息しているかどうかもわからないが、夏になったら、注意深く建物の周辺を見てみようと思っている。
  
posted by はけの森調査隊 at 15:31| Comment(0) | 2月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月06日

2016 第1回はけの森ミニ調査会のお知らせ

第1回はけの森ミニ調査会 のお知らせ

          スジグロシロチョウ8431s.jpg
                        スジグロシロチョウ

日時  4月10日(日) 午前10:10〜11:40 雨天中止
場所  はけの森緑地2(中町4-12)
内容  春の花いっぱいの緑地で生きもの観察
    (池の中の生きもの調査もします)            
持ち物 ぼうし・水筒・観察用具(虫&魚網・虫入れ・図鑑・長靴など)
参加費 無料
問合せ hakenomori@gmail.com まで 
  
☆時間内いつでも、どなたでもお気軽に
☆2016年度年間予定につきましては、こちらをご覧ください

☆天候があいまいな場合は、当日午前9:00に、開催or中止かのお知らせを当サイトトップに掲載します。
posted by はけの森調査隊 at 09:52| Comment(0) | 活動予定・例会のお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月20日

★活動報告 第76回はけの森調査会<ミノムシをさがそう!>報告

第76回はけの森調査会<ミノムシをさがそう!>報告

16/02/21(日)9:30〜12:00 曇り〜小雨〜晴れ 気温14℃  参加40名
コース:野川公園入り口(二枚橋)〜武蔵野公園調節池付近〜くじら山付近
    〜野川公園入り口(二枚橋)
    講師 新津修平氏(首都大学東京客員研究員)

木立の中0006s.jpg

前日の雨も止み、くもり空の朝となりました。ところが歩き始めたとたん、小雨が降り出しました。是政線のトンネル内で、新津氏のお話を聞きながら、しばし雨宿り。じきに雨もやみ、ミノムシさがしに出発です。

ここにミノムシが0013.jpg
「これはクロツヤミノガの幼虫です」(講師の新津氏)

木立の中で、コナラの幹についているミノムシを発見。何本もあるコナラのあちこちにクロツヤミノガ幼虫がいました。古い空蓑(あきみの)や若令(じゃくれい)幼虫です。クロツヤミノガは、若令幼虫で越冬するとのこと。

ミノムシ見つけ!0018s.jpg
どこにでてるかなあ?

ミノムシがいたよ0057.JPG クロツヤミノガ若令幼虫3508s.jpg
ここにいるよ            クロツヤミノガ(ミノガ科)若令幼虫 15mm
ネグロミノガ幼虫空き蓑s.jpg クロツヤミノガ幼虫3737s.jpg

樹名板裏を観る0020.jpg 樹名板3507s.jpg
「樹名板(じゅめいばん)の裏にはいろいろなものがかくれています」

ヘラクヌギカメムシ卵塊3498s.jpg

樹名板を裏返すと、ゼリー状の卵のかたまりがビッシリ。よく見ると、もう孵化(ふか)しているものもいます。白いワタのようなものの中にはクモが入っています。

ナミテントウ・ダンゴムシ0027s.jpg ナナホシテントウ蛹3747s.jpg

ケヤキにかけられている樹名板の下に、いろいろなものがいました。別のケヤキの幹にはナナホシテントウの蛹がついていました。ナナホシテントウはテントウムシ(ナミテントウ)より早くから活動を開始します。

 ヒロバフユエダシャク0029s.jpgシロフフユエダシャク0452s.jpg
ヒロバフユエダシャク(シャクガ科)   シロフフユエダシャク(シャクガ科)

オオミノガ幼虫を見ている        オオカマキリ卵鞘(らんしょう)

コデマリの茂みの中にオオミノガ幼虫の空蓑が2個ついていました。オオカマキリの卵鞘も2個ありました。

オオミノガ幼虫3603cs.jpg
オオミノガ幼虫空蓑 約40mm

少し古い蓑で、去年羽化したもののようです。

オオミノガ幼虫3697^4コcs.jpg
オオミノガ幼虫

別の場所で、数本のハナカイドウにそれぞれいくつものミノムシがついていました。大きめの葉っぱをつけているのでニトベミノガかな〜と思ったのですが、オオミノガでした。蓑がかたく(ニトベミノガは柔らかい)、ニトベミノガの特ちょうである頭の脱皮殻(だっぴがら)もついていません。

チャミノガ3693s.jpg ニトベミノガ若令幼虫cs.jpg
チャミノガ(ミノガ科)幼虫              ニトベミノガ(ミノガ科)若令幼虫(T.I.氏撮)

ハナカイドウには、チャミノガ幼虫も1匹だけついていました。   
コナラの幹にはニトベミノガ若令幼虫がいました。オオミノガは終令幼虫で、ニトベミノガは若令幼虫で越冬します。ぬれているので、光が反射して赤く写っていますが、実物はもう少し茶色がかっていました。

くじら山周辺0038.JPG
くじら山付近

折り返し点の小金井新橋を渡り、しばらくは川沿いに歩き、武蔵野公園の樹林地に入ります。

林の中0041s.jpg サシガメ見てる0040cs.jpg
武蔵野公園樹林地       ワー、虫がいっぱい!(ヨコヅナサシガメを見ている)

ヨコヅナサシガメ幼虫3530cs.jpg
ヨコヅナサシガメ幼虫(サシガメ科)

樹名板の下にはヨコヅナサシガメ幼虫がたくさんいました。

ヒメ蓑が見てる0046.jpg
ここにもミノムシが・・・

小屋のかべに、3種類もののミノムシがいました。とても小さくて、よーく見ないとわかりません。

ヒメミノガcs.jpg ヒロズミノガ幼虫3615s.jpg
ヒメミノガなかまの幼虫空繭 9mm(T.I.氏撮)        ヒロズミノガの幼虫7mm

ヒロズコガ幼虫3516s.jpg

ミノムシの話0058s.jpg
まとめのお話

最後に、新津氏のお話を聞きました。日本には、約40種のミノムシ(ミノガ科のみ)がいるそうです。見たこともないようないろいろなミノムシの写真に皆びっくり。新津氏撮影の、珍しいミノムシ3種の写真です。

コケヒロズミノガs.jpg シロテンチビミノガ.jpg ヒモミノガs.jpg
コケヒロズミノガ幼虫10mm シロテンチビミノガ幼虫10mm ヒモミノガのなかま幼虫 30mm
エサはコケ類       エサは地衣類        エサは地衣類等

ミノガ4種s.jpg
ミノガ科のガ 成虫と幼虫の標本(新津氏撮影)

当日見せていただいた標本の写真です。
ミノガ科の成虫の中では、オオミノガ(開帳30mm~42mm)が一番大きくて、ヒロズミノガ(開7mm~10mm)が一番小さいとのこと。

今回 はミノムシのなかまは8種類も見つかりました(うち1種はヒロズコガ科)。今まで気づかなかったところに、いろいろなミノムシがいることを初めて知った方も多 いのではないでしょうか。興味深いお話も聞くことができ、ミノムシ以外にも、様々な生きもの達がそれぞれに冬越ししている様子を見ることができ、充実した調査会でした。

P2210148 石井君松ぼっくり表彰s.jpg
マツボックリ記念品0004cs .jpg
ドングリ記念品s.jpg

出席回数が9回になったK.K.さんにはドングリクラフト記念品、21回になったM.I.君(小6)にはマツボックリクラフトの記念品が贈られました。




posted by はけの森調査隊 at 11:20| Comment(0) | 2月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする