2015年10月03日

★チョウ ナガサキアゲハ羽化

ナガサキアゲハ羽化1047cs.jpg
ナガサキアゲハ羽化151003

9月20日にサナギになったナガサキアゲハが無事羽化した。飼育箱に入れておいた木の枝で前蛹(ぜんよう)になったのだが、落ちてしまったので、箱に布(古いハンカチ)をしいてそこに置いておいたもの。

落ちたナガサキ蛹0878cs.jpg
落ちてしまったサナギの保管方法       キアゲハ・ナガサキアゲハのサナギ

落ちてしまったサナギの保管方法は、ヒートン(輪管)を使う等いくつかあるが、この方法が一番簡単でほとんどの場合うまく行く。布をよじのぼって足場にするので、ハンカチくらいの布目(ぬのめ)がいいようだ。
posted by はけの森調査隊 at 17:17| Comment(0) | 10月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月27日

★チョウ ナガサキアゲハ・クロアゲハ・アゲハ蛹

150910付記事「ナガサキアゲハ・クロアゲハ・アゲハの終令幼虫」にUPした幼虫たちが、蛹(さなぎ)になった。約2週間で羽化する。

ナガサキアゲハ蛹s0750.jpg
 ナガサキアゲハ 43mm  150925   蛹化(ようか)時に落ちてしまった

クロアゲハ蛹茶0008s.JPG
クロアゲハ 34mm  150925 飼育箱の壁で蛹化

 アゲハ蛹0726s.jpg
アゲハ蛹 28mm 150925 
posted by はけの森調査隊 at 14:19| Comment(4) | 9月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月19日

★チョウ ナガサキアゲハ・クロアゲハ・アゲハの終令幼虫

150910付記事「ナガサキアゲハ・クロアゲハ・アゲハの若令幼虫」にUPした幼虫たちが次々に終令になった。ものすごい勢いで葉を食べみるみる大きくなった。

ナガサキアゲハ終令0359s.jpg

クロアゲハ終令_0340s.jpg
クロアゲハ終令幼虫 45mm 150915  臭角の色はこい赤

アゲハ終令0423s.jpg
アゲハ終令幼虫 30mm150918  臭角の色は橙黄色


posted by はけの森調査隊 at 11:58| Comment(0) | 9月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月10日

★チョウ ナガサキアゲハ・クロアゲハ・アゲハの若令幼虫

9月上旬は雨ばかり、チョウの飛ぶ姿もあまり見かけない日が続いたが、あちこちのミカン類の木では、アゲハのなかまの幼虫たちが育っている。この時期はまだ鳥糞(とりふん)状態の若い幼虫が多い。終令(5令)幼虫になるとちがいがよくわかるが、若令のものもよく見るとそれぞれに特ちょうがある。大きな木より小さな木に、そして、枝先にいることが多い。卵や生まれたての小さな幼虫は、新芽のところでよく見つかる。さがして飼ってみよう。

ナガサキ4令幼虫0090s.jpg
ナガサキアゲハ4令幼虫 22mm  150909

クロアゲハ4令幼虫0102cs.jpg
クロアゲハ4令幼虫  21mm  150909

アゲハ4令幼虫0133s.jpg
アゲハ4令幼虫  20mm  150909

ナガサキアゲハとクロアゲハはシッポの部分を見ると違いがよくわかる、また、ナガサキは成長するにしたがって緑色が強くなる。
クロアゲハとアゲハは、やはりシッポの部分に注目、また、クロアゲハにはヌラヌラとしたツヤがある。


posted by はけの森調査隊 at 22:01| Comment(0) | 9月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月29日

2015 第3回はけの森ミニ調査会

   ミンミンゼミ8422cs.jpg
                            ミンミンゼミ

第3回はけの森ミニ調査会 

日時  9月13日(日) 午前10:10〜11:40 雨天中止
場所  はけの森緑地2(中町4-12)
内容  緑地でじっくり生きもの観察 セミのぬけがら調べをします
    (池の中の生きもの調査もします)            
持ち物 ぼうし・水筒・観察用具(虫&魚網・虫入れ・図鑑・長靴など)
参加費 無料
問合せ hakenomori@gmail.com まで 
  
☆時間内いつでも、どなたでもお気軽に
☆蚊(カ)がいます、虫よけ対策を充分に
☆2015年度年間予定につきましては、こちらをご覧ください

☆天候があいまいな場合は、当日午前9:00に、開催or中止かのお知らせを当サイトトップに掲載します。

posted by はけの森調査隊 at 11:24| Comment(0) | 活動予定・例会のお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月22日

★トンボ コノシメトンボ

コノシメトンボ2830s.jpg
コノシメトンボ♂(トンボ科) 150818  体長約40mm

猛暑も一段落、相変わらずセミの大合唱が続いているが、どこか秋めいた風も感じられるようになり、いろいろな赤トンボの姿もよく目につくようになった。コノシメトンボの♂もだいぶ赤くなってきている(成熟すると胸や額まで赤くなる)。よく似た種にノシメトンボというのがいるが、小金井ではあまり見かけない。

コノシメトンボ♀6164s.jpg
コノシメトンボ♀(トンボ科) 100724

♀は成熟しても赤くならない(地方によって腹が赤くなるものもあるとのこと)。

コノシメトンボ♂♀s.jpg
コノシメトンボ♂♀(トンボ科) 081009 調布市武蔵野の森公園

だいぶ以前に撮影したものだが、秋も深まった頃、何組ものカップルが、池の水面を連結(連結)したまま飛んでいた。連結したまま打水産卵(だすいさんらん)・打泥産卵(だでいさんらん)をする。

    
posted by はけの森調査隊 at 14:27| Comment(0) | 8月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月10日

★活動報告 第75回はけの森調査会<オニヤンマをさがそう!>報告

第75回はけの森調査会<オニヤンマをさがそう!>報告

15/07/19(日)9:30〜12:00 晴れ 気温34℃  参加40名
コース:野川公園入り口(二枚橋)〜わき水広場

梅雨明けのとても暑い日となりました。夏休みに入ったばかりの子どもたちは元気いっぱい、草原のバッタやトンボやチョウを追いかけたり、水の中のメダカやエビを網ですくったりして楽しい半日を過ごしました。ニイニイゼミがよく鳴いています。

虫つかまえた!0006s.jpg
バッタの赤ちゃんだよ!

川ぞいの草むらにはショウリョウバッタやオンブバッタやコバネイナゴなどの幼虫がピョンピョンとんでいました。

ショウリョウバッタ幼虫2487cs.jpg
ショウリョウバッタ幼虫(バッタ科)

バッタがいっぱい0003s.jpg 虫カゴに入れる0009.jpg
バッタがいっぱいとれたよ!       にがさないようにね!

コバネイナゴ1063s.jpg
コバネイナゴ幼虫(バッタ科)

歩いて行く0008s.jpg

歩きながらまわりをよーく見ていくと、フェンスのツルや、木の根っこのくぼみなどに、いろいろな生きものがいます。

採ったもの調べs.jpg
なにがとれたかな〜                        (Y.W.撮)

それぞれに採った生きものをみんなで見たあとは、ちょっとなごりおしいけど草むらに逃(に)がします。

川観察はじまりs.jpg
いよいよ川の中へ・・・つめたくてきもちいいな〜          (Y.W.撮)

    川の中にて0030s.jpg
何かなあ?0028s.jpg 水槽にザリガニ0032s.jpg
エビだよ〜               大きなザリガニがとれたよ〜

網のぞいてる0035s.jpg オニヤンマ羽化殻2770s.jpg
なにかはいってるよ!             オニヤンマ羽化がら 45mm

川には、メダカ・ヌマエビのなかま・アメリカザリガニ・ヒラタドロムシ幼虫ニンギョウトビケラ幼虫などがいました。T.O.隊員がオニヤンマの羽化がらを見つけました。

 アブラゼミ羽化0051cs.jpg
アブラゼミ(セミ科)                            

草むらの下の方でアブラゼミが羽化してジッとしているのをT.O.隊員のお父さんが見つけました。羽化したばかりの時は白〜うすみどり色の羽ですが、だんだん茶色になります。このセミは間もなくとび立つことでしょう。

ホシホウジャク幼虫s.jpg ミスジマイマイ3902.jpg
ホシホウジャク幼虫(スズメガ科)約40mm        ミスジマイマイ(オナジマイマイ科)

フェンスのヘクソカズラにいたホシホウジャクの幼虫、お尻にツノが生えている太めのアオムシはほとんどスズメガのなかまの幼虫です。
ミスジマイマイは殻(から)の口が右側にあり、これによく似て殻にあまりスジがなくて口が左側にあるのがヒダリマキマイマイ。

わき水にて0071s.jpg
サワガニだ!
サワガニ0059.jpg オニヤンマ幼虫4681s.jpg
サワガニ                 オニヤンマ幼虫

わき水広場の流れには、オニヤンマ幼虫(小〜中くらい数匹)・シロタニガワカゲロウ幼虫フタスジモンカゲロウ幼虫フタツメカワゲラのなかま幼虫などがいました。

まとめの話0078s.jpg
オニヤンマはおとなになるまで4〜5年もかかるんだよ。

採ったものをみんなで見ながら、まとめのお話を聞き、また水の中にもどして調査会は終了です。暑かったけど、たくさんの生きものに出あえて良かったね!

その他観察したもの
続きを読む
posted by はけの森調査隊 at 09:11| Comment(0) | 7月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月06日

★トンボ モノサシトンボ

モノサシトンボ2626s.jpg
モノサシトンボ♂(モノサシトンボ科)体長約45mm 150721 

住宅地の池にモノサシトンボがやって来た。はけの森緑地2ができて間もない数年間(1995年前後)は時々見かけたが、それ以後この近辺では見かけてることがなかった。腹部にモノサシのような目盛りがある少し大きめのイトトンボ。

参照:夏のトンボ@ (大型トンボ類) 140731付記事  
   夏のトンボA (イトトンボ類) 140809付記事 

モノサシトンボ未熟♂7595.jpg
モノサシトンボ♂(モノサシトンボ科)未熟 140626 練馬区石神井公園

生息地では、初夏の頃、池周辺の樹林地の下草に未熟(みじゅく)個体がひっそりとまっているのを見かける。うすい黄色なので、メスかな?とか思ったりするが、足のスネから下の部分がわずかに広がり白く目立つのが♂の特ちょう。

  
posted by はけの森調査隊 at 10:02| Comment(0) | 7月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月22日

夏休み・自然体験番組(TV)のお知らせ

月19日(日)実施の第75回はけの森調査会は、とても暑い日でしたが、バッタやチョウやトンボ、水の中のヤゴやカゲロウの幼虫など、たくさんの生きものを観察できました。みなさんの夏休みの研究や遊びに役立つといいな、と思っています。

親子参加による課外授業形式の自然体験番組を紹介します。
昆虫授業で使うナナフシモドキの写真の提供依頼があり、この番組のことを知りました。
ご興味ある方はどうぞご覧ください。

<体感!自然のヒミツ 親子で自由研究SP>

7月25日(土)19:00〜20:54
BS日テレ(4ch)




続きを読む
posted by はけの森調査隊 at 09:41| Comment(0) | その他のお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月10日

第75回はけの森調査会<オニヤンマをさがそう!>のお知らせ

    オニヤンマ0966ccs.jpg
                              オニヤンマ

第75回はけの森調査会<オニヤンマをさがそう!>
                      小金井市報7/15号掲載

日 時  7月19日(日)雨天中止      
集 合  都立野川公園入り口(二枚橋:東町1丁目) 9:30
解 散  野川公園わき水広場              12:00
内 容  トンボを中心に初夏の生きもの観察・川の中にも入ります
持ち物  ぼうし・水筒・観察用具(魚&虫とり網・虫入れ・ルーペ等)
     川の中を歩く用意(ベルトつきサンダル等)
参加費 100円(資料・保険代)
対 象  子供から大人までどなたでも
後 援    小金井市
申込・問い合わせ はけの森調査隊 hakenomori@gmail.com まで
☆ 当日会場でも受け付けます

☆天候があいまいな場合は、当日午前8時に、開催or中止かのお知らせを当サイトトップに掲載します。

☆ 2015年度年間予定表はこちら
  
posted by はけの森調査隊 at 10:47| Comment(0) | 活動予定・例会のお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする