2017年08月09日

★その他の生きもの ニホントカゲ・ニホンカナヘビ

ニホントカゲ幼体0171cs.jpg
ニホントカゲ幼体(トカゲ科)約70mm  170804

ニホントカゲの子どもが庭をチロチロっと走った。いつもはすぐに物かげに隠れてしまうのだが、やっと姿を撮ることができた。夏の日盛りに一番似合うのは、このピカピカのトカゲの子だと思う。

ニホントカゲ幼体0174s.jpg
ニホントカゲ幼体 170804

明るい草原と石垣やガレ場のある環境を好み、小昆虫やミミズ等を食べている。そういった場所が少なくなるに連れて、数が減ってきている。以前ほど見かけなくなってはいるが、はけの森2には住み着いていて、調査会ではよく観察している。

070529ニホントカゲs.jpg
ニホントカゲ  070529  全長約20cm  八王子市裏高尾

庭のどこかに巣があるらしく、成体も時々見かけるのだがすぐ隠れてしまうのでなかなか撮影できない。別の場所で撮ったものを載せる。身体の1/2はシッポ。

ニホンカナヘビ幼体5335s.jpg
ニホンカナヘビ幼体(カナヘビ科)110928

明るい草原を好み、小昆虫やミミズ等を食べる。こちらも都市部では減ってきているようだが、野川周辺やはけの森2では数多く見かける

ニホンカナヘビ1997s.jpg
ニホンカナヘビ 全長約20cm  110615

ニホントカゲはツヤがありヌラヌラ光っているが、こちらはツヤが無く、黄色のスジ状のもようが目立つ。身体の70%くらいはシッポ。

posted by はけの森調査隊 at 14:29

2017年03月17日

★その他の生きもの アズマヒキガエル

アズマヒキガエル4939s.jpg
アズマヒキガエル(ヒキガエル科)170309

啓蟄(けいちつ)も過ぎ、そろそろヒキガエルも出ているころかな、とはけの森緑地2に行ってみた。すると、池の中のあちこちでヒキガエルが動いているのが見えた。10匹くらいは居ただろうか?この池は去年10月13日に池そうじが行われたばかりだが、緑地の落ち葉や朽木のかげで冬を越したカエルたち出てきて活気が出はじめた。まだ卵塊(らんかい)は見あたらなかったが、じきに産卵することだろう。

posted by はけの森調査隊 at 10:26

2015年01月13日

★その他の生きもの ニホンヤモリ(ワラ巻調べ報告D)

ニホンヤモリ4951s.jpg
ニホンヤモリ(ヤモリ科) 約12mm 140317

アカマツに巻いたワラをはずしたら、樹皮のわれ目でひっそり越冬しいた。この緑地にはたくさん住んでいて、調査会の際にも、木のくぼみや石づみの下などにいるのを観察している。

ニホンヤモリ4947s.jpg
ニホンヤモリ(ヤモリ科)140317

ももともとは暖かい地方に生息していたもので、寒さに弱く、民家のかべのすきまや天井うらで越冬している事が多い。漢字では「家守」とか「守宮」と書くように、民家やその周辺が主な生息場所。夏の夕方〜夜、あみ戸にはりついて、明かりにやって来るガをつかまえる姿をよく見かけたものだが、最近は数がへっているようだ。


posted by はけの森調査隊 at 17:26

2014年10月12日

★その他の生きもの ナガコガネグモ

ナガコガネグモ9059遠目s.jpg
ナガコガネグモ(コガネグモ科)卵嚢(らんのう) 140906 約20mm 

秋の初め、野川ぞいのムクノキの幹のくぼみに、巾着袋(きんちゃくぶくろ)のような形をしたクモの卵嚢(らんのう)を見つけた。はりめぐらされた細い糸でしっかり固定されている。

ナガコガネグモ9044s.jpg
ナガコガネグモ卵嚢 140906 

ナガコガネグモと判明。9〜10月頃産卵され、1ヶ月くらいの間に孵化(ふか)し、そのまま卵嚢内にとどまっていて、3〜4月ごろ外に出てきて、8月ごろには成体となるとのこと。クモの卵嚢はおもしろい形をしたものが多い。
参考:http://nono22.sakura.ne.jp/musi/kumorannou.htm

ナガコガネグモ入り口9052^.jpg
ナガコガネグモ卵嚢の口 1040906

口は開いているように見えるが、フタのようなものでふさがれている。
参考:http://www.goo.ne.jp/green/life/unno/diary/200410/1096891287.html

ナガコガネグモ成体s.jpg
ナガコガネグモ成体 060907

だいぶ以前に撮影した成体の写真。「見たことある」、という方が多いだろう。草原や林のフチ、水田のわきなどが主な生息場所。白い直線状のかくれ帯(おび)が特ちょう。この写真では下がわだけにあるが、上の方にも同じようなかくれ帯があるのが標準的。この辺では見かけないが、よく似た種コガネグモのかくれ帯はX状になっている。
かくれ帯については↓をご参照ください。
http://www.zennokyo.co.jp/table/table_031.html#no128

ナガコガネグモ幼体6288s.jpg
ナガコガネグモ幼体 070712

2007年7月に撮った幼体の写真。成体とはちがったかくれ帯で、すっかり網と一体化している。

posted by はけの森調査隊 at 09:38

2009年07月29日

★その他の生きもの サワガニ

第57回はけの森調査会 <オニヤンマ・タイコウチをさがそう>で観察したもの(2)09/07/22実施

サワガニs8553.jpg
サワガニ(サワガニ科)

わき水広場の流れのフチの方をさぐっていると、10mmくらいの子ガニが網に入った。今回はこれ1匹だけだったが、今までの調査会でもたいてい何匹かは観察している。雑食で、水草や藻(も)・水生昆虫などを食べる。
きれいな川の指標生物(しひょうせいぶつ)となっている

サワガニ4471s.jpg
サワガニ 体長約25mm 070404撮影

2年前の春休み、野川で出会った少年二人組のバケツには大小たくさんのサワガニが!少し上流の貫井南町あたりで採ったそうだ。「飼う」と言っていた。
posted by はけの森調査隊 at 14:23

2009年03月14日

★その他の生きもの ヒキガエルの卵塊

tamago.jpgアズマヒキガエルの卵塊 090313

はけの森緑地2の池に、今年もアズマヒキガエルがタマゴを産んだ。毎年何組かのカップルが産卵するので、池はオタマジャクシだらけになる。

posted by はけの森調査隊 at 16:46