2016年10月23日

★バッタのなかま★ハエ・アブのなかま等(バッタランドの昆虫@)


バッタランド0006.jpg
野川公園バッタランド 161023

野川公園の一角に、通称バッタランドと呼ばれる、草を刈り残した場所がある。バッタ類をはじめいろいろな虫が集まっているので、休日には虫好きの親子連れが楽しそうに虫を追いかけている。長袖長ズボンで草むらに飛びこんでみよう!

コバネイナゴ7429s.jpg
コバネイナゴ(バッタ科)♂約30mm♀約40mm 161016

ツユムシ7009s.jpg
ツユムシ(キリギリス科)約35mm  160927

ハラナガツチバチ7332s.jpg
ハラナガツチバチ♀(ツチバチ科)約30mm 161016  <アキノノゲシ>

セイヨウミツバチ7451s.JPG クマバチ7399cs.jpg
セイヨウミツバチ 13mm <コセンダングサ>      クマバチ 約20mm <キツネノマゴ>

ホソヒラタアブ7321s.jpg
ホソヒラタアブ(ハナアブ科)約11mm 161016 <アキノノゲシ>

オオハナアブ7301cs.jpg オオカマキリ7444s.jpg
オオハナアブ(ハナアブ科)約14mm              オオカマキリ(カマキリ科)約80mm

アキアカネ7278s.jpg
アキアカネ(トンボ科)約40mm 161016

posted by はけの森調査隊 at 16:24

2013年03月14日

★バッタのなかま コロギス越冬幼虫

コロギスの巣4253s.jpg
コロギス越冬幼虫(コロギス科)の巣 130312

ホシミスジの越冬幼虫がいないかとユキヤナギのブッシュをのぞいていたら、小さな虫でも入っていそうな<枯れ葉つづり>が枝にかかっていた。

コロギス幼虫4280s.jpg
コロギス越冬幼虫(コロギス科) 130312

あけてみたとたん、若草色のバッタの幼虫らしきものがとび出した。寒(さむ)い寒いと言いながら(?)どんどん枯れ草の上を歩いて、あっという間に草の根元にもぐってしまった。

コロギス幼虫隠れる4302s.jpg
コロギス越冬幼虫(コロギス科) 130312

調べてみたら、コロギスの越冬幼虫だった。8月〜9月に孵化(ふか)し、 中令幼虫で冬を越し、7月に成虫になるとのこと。成虫も幼虫も、木の上に住み、口から糸をはいて葉をつづり、隠れ家(かくれが)にするとのことだ。エサは小昆虫など。
参考:かかぐなび(コロギス幼虫)

   
posted by はけの森調査隊 at 10:23

2009年12月03日

小春日和にD ★甲虫 ナナホシテントウ ★バッタのなかま コバネイナゴ

ナナホシテントウ2511s.jpg
ナナホシテントウ(テントウムシ科)091201

こちらもかれ葉の上でひなたぼっこ。かれ葉や石の下で冬をこす。ナミテントウは集団で越冬するが、ナナホシはそれぞれで越冬する(何匹か一緒にいることはある)。かれ葉は生きものたちの大事なフトンやかくれ家だ。

コバネイナゴ2226s.jpg
コバネイナゴ(バッタ科)091126

歩いていくと、何びきも草むらからピョンピョン飛び出す。12月ごろまで生きているのだろうか?卵で越冬、8月ごろから成虫がすがたをあらわす。イネ科の植物を食べるので、田んぼやしめった草地で良く見かける。
posted by はけの森調査隊 at 22:10

2009年07月29日

★バッタのなかま ショウリョウバッタ

第57回はけの森調査会 <オニヤンマ・タイコウチをさがそう>で観察したもの(3)09/07/22実施

ショウリョウバッタ♀茶幼.jpg
ショウリョウバッタ♀幼虫(バッタ科)<逃がすところ>

草むらには、ショウリョウバッタがたくさんいた。ほとんどがまだ幼虫(終令か終令に近い)だった。幼虫は、若いうちは全体がうす緑色だが、終令に近づくにつれ、茶色、緑色、しまもようのあるもの、などに分かれる。♀の成虫は75cm〜80cmと大きく、日本最大のバッタだ。

ショウリョウバッタ♂s.jpg
ショウリョウバッタ成虫(バッタ科)

♂の成虫は40cm〜50cmとメスよりだいぶ小さい。草むらを歩いていくと不意(ふい)キチキチと音を立てながら飛び出す。ススキなど、イネ科の植物を食べる。
posted by はけの森調査隊 at 15:25