2016年11月28日

★活動報告 2016第4回はけの森ミニ調査会 

第3回はけの森ミニ調査会 
2016/11/13(日)実施 はけの森緑地2にて  くもり  気温19℃  参加8名

秋も深まり、木々の葉も少しずつ色づき始めました。生きものの気配もあまりしなくなった緑地ですが、木の陰や朽木の中、葉の裏などをたんねんにさがすと、いろいろな生きものが見つかりました。

イロハモミジ紅葉cs.jpg
イロハモミジ                                (A.K.氏撮影)

モミジは上の方が赤くなりはじめています。

木の窪み見てる0001cs.jpg
こんなとこにカメムシがいる!

 エサキモンキツノカメムシ0007ss.jpg チャバネアオカメムシ0034.jpg
エサキモンキツノカメムシ(ツノカメムシ科)チャバネアオカメムシ(カメムシ科)

サクラの幹のくぼみの奥にエサキモンキツノカメムシがいました。おち葉のかげにはチャバネアオカメムシがいました。両種とも成虫で越冬します。

セアカツノカメムシ0028c.jpg
セアカツノカメムシ(ツノカメムシ科)            (A.K.氏撮影)

ササの上に、セアカツノカメムシがジッとしていました。ひなたぼっこでもしているのでしょうか?ミズキやサクラの実を吸汁(きゅうじゅう)します。これも成虫越冬です。

丸太積み見てる0005.jpg
まだ新しい木みたいだね

今年の5月に新たにできた丸太積みです。市内で伐採したサクラの木を運んできました。これからどんな生きものがやってくるか楽しみです。

朽木の中を見る0007s.jpg
クワガタやカブトの幼虫いないかなあ?


マクラギヤスデ7510s.jpg セスジアカムカデ7487s.jpg
マクラギヤスデ(シロハダヤスデ科)16mm セスジアカムカデ(メナシムカデ科)約60mm

朽木の中には、ヤスデやムカデ・ハサミムシなどがいました。マクラギヤスデは落ち葉や腐植土を、セスジアカムカデは小昆虫を食べます。

ジョロウグモcs.jpg ウラギンシジミ♂7465cs.jpg
ジョロウグモ♀(ジョロウグモ科)    ウラギンシジミ♂(シジミチョウ科)

緑地のあちこちにはジョロウグモの巣が張られていました。ウッカリ歩くとひっかかりそう。ウラギンシジミは、年何回も発生しますが、この時期は特に目立ちます。幼虫の食草はクズなどのマメ科植物。成虫越冬。(観察会が始まる前に入口付近の生け垣にいました。)

キタキチョウ0040s.jpg
キタキチョウ(シロチョウ科)                (A.K.氏撮影)

日だまりにフッとキタキチョウがやってきました。幼虫の食草はハギなどのマメ科植物。成虫越冬。

セキショウを鉢に植える0014s.jpg
この鉢の土はちょっとかたいなあ

池リニューアル(161013)の際にとり出した鉢にセキショウの苗を植え、池に入れました。皆ドロだらけになってがんばりました。

水草を入れた池0017s.jpg
水草が入った池

春になったら、藻(も)を入れたり、トンボがとまる竹棒などを入れます。

エナガ7520s.jpg
エナガ(エナガ科)体長約13cm  青虫をくわえている

終了のあいさいつをした直後に、エナガが数羽やってきました。ジュリジュリと鳴きかわしながら、しばし枝々の間をを飛びまわっていました。

写真見てる0021s.jpg
ワアー、きれいなバッタだ〜!

初参加のA.K.氏がアフリカで撮って来られたいろいろな生きものの写真を見せていただきました。思いがけなく、たくさんの見たこともないような生きものたちを見ることができて皆大喜び。
メニュー盛りだくさんのミニ調査会でした。



posted by はけの森調査隊 at 17:42

2015年06月30日

★活動報告 2015第2回ミニ調査会報告

第2回はけの森ミニ調査会 
2015/06/14実施 はけの森2にて  くもり  気温27℃  参加10名

早朝の雨もあがり、くもりがちの日ではありましたが、じっくりと緑地の生きものを観察しました。

朽木の中を見る_0001s.jpg
クワガタいないかな〜

緑地の何ヶ所かには様々な年代の「丸太積み」があります。新しいものも、4〜5年するとボロボロになって、クワガタムシをはじめ、いろいろな生きものの住み家となっています。

ハサミムシと卵0004.jpg
ハサミムシのなかま(マルムネハサミムシ科)成虫とたまご

くち木の中のくぼみに、ハサミムシとそのタマゴがありました。ヒゲジロハサミムシかと思われます。ハサミムシのメスはタマゴを守る性質があるとのこと。

コクワガタ幼虫0019s.jpg コマユバチの繭2192s.jpg
コクワガタ幼虫  サムライコマユバチ(コマユバチ科)のなかまのマユ 約10mm

熱心にくち木の中を調べていたM.I.隊員(小6)と T.I.隊員(小3)がコクワガタの幼虫を見つけました。前回のミニ調査会@(150412実施)でも、3匹見つけています。
「これ何だろう?」とM.K.隊員(小2)が小さなマユをひろってきました。調べたところ、サムライコマユバチ(チョウやガの幼虫に寄生するとても小さなハチ・たくさんの種がある)のなかまのマユでした。

クサカゲロウ幼虫2184s.jpg クロアゲハ♀0012産卵s.jpg
クサカゲロウ(クサカゲロウ科)のなかま幼虫 約4mm

シロダモの葉にはクサカゲロウの幼虫がいました。ゴミをしょって歩いています。

クロアゲハが、カラタチに産卵に来ました。♀は、表翅の赤い紋が大きくきれいです。(♂の表翅はほぼ真っ黒。)

虫捕り0023s.jpg
チョウチョ!
小さな虫!0016s.jpg     ヒキガエルこども3658.jpg
アッ、小さなカエル!        アズマヒキガエル(ヒキガエル科)のこども

第1回ミニ調査会のとき池にたくさんいたオタマジャクシがカエルになって、あちこちでピョンピョンはねていました。身体にはもようがありません。ヒカゲチョウも飛んでいました。

池の生きもの調査0024s.jpg
またザリガニがいたよ!
採ったもの見てる0026s.jpg  ザリガニの子ども0029s.jpg
何匹いるかな〜                  アメリカザリガニのこども
ヤブヤンマ羽化殻2213.jpg
ヤブヤンマ(ヤンマ科)の羽化がら 50mm

池には、ザリガニのこどもが10匹いました。ヤブヤンマの羽化がらが1つ、セキショウの葉についていました。この時期、いつも見つかるオオアオイトトンボのヤゴは1匹も見つかりませんでした。増えてきたザリガニに食べられてしまったのでしょうか?
9月のミニ調査会Bで成虫が見つかるといいのですが。  



posted by はけの森調査隊 at 14:33

2015年04月25日

★活動報告 2015 第1回はけの森ミニ調査会

第1回はけの森ミニ調査会 
2015/04/12実施 はけの森2にて  晴  気温18℃  参加21名

遠景006s.jpg

新年度第1回ミニ調査会です。よく晴れて気持ちの良い陽気になりました。緑地はムラサキハナナやハナニラが満開です。思い思いの場所で虫さがしです。

大きなミミズだ!0002.jpg
おおきなミミズがいたよ!

ニホントカゲ0017s.jpg トホシテントウサナギ0009s.jpg
ニホントカゲ              トホシテントウのウサナギ

木の根元(ねもと)をほったら、ニホントカゲがいたとのこと。ちょうど冬眠からさめる頃です。ヘンな形のテントウムシのサナギが石についるのを見つけた子もいます。サナギになりかけ?みたいですが、調べたら、トホシテントウのサナギはこんな形をしているのでした。

クワガタの幼虫だ0008cs.jpg
何クワガタかなあ?
クワガタ幼虫0019s.jpg 朽木を掘る0012cs.jpg
クワガタムシのなかま幼虫

子どもたちが、くち木の中にいるクワガタムシの幼虫×3を見つけました。この緑地には、何ケ所かに「丸太積み」があり、いろいろな生きもののすみかになっています。2010年4月のミニ調査会では、コクワガタ幼虫と成虫♂・♀を観察しています。

花と少女達0022ss.jpg 花束0047s.jpg
花たばができたよ!
花束・種名付0048cs.jpg

女の子たちが、花たばを作りました。この緑地では一番花の多い季節です。昔庭だったところなので、野草や園芸種(えんげいしゅ)や外来種(がいらいしゅ)などがまじっています。

ウラシマソウ0002ss.jpg
ウラシマソウ(サトイモ科)

緑地のすみの方に、ウラシマソウが咲いていました。これに似た花はいろいろありますが、その名の由来(ゆらい)のごとく、つり糸のように長くのびたものがついているのが特ちょう。別の場所には同じなかまのムサシアブミも咲いていました。2種とも林に生えるもので、緑地として整備(せいび)される前から植えられていたものと思われます。

池調査0033s.jpg
なにかいるかなあ?

池の底にはおち葉がたくさんつもっていて、ひき上げたおち葉の中にいろいろな生きものが見つかります。

池調査0030s.jpg
ヤゴはいないかなあ・・

サカマキガイの卵0038s.jpg サカマキガイ・モノアラガイcs.jpg
サカマキガイかモノアラガイのたまご 約7mm     貝の見分け方(ウェブサイトより)

見つけた子どもたちが、「何だろう?プニュプニュして気持ちいい!」言っていたゼリー状の卵、当日サカマキガイの卵だろう、ということになりましたが、帰ってから調べたところ、サカマキガイまたはモノアラガイ(区別はわからない)の卵でした。

まとめ3155s.jpg

今回も、いろいろな生きものを観察することができました。いつもながら、子ども達の「見つけ力」に感服(かんぷく)です。

☆その他観察したもの
陸地:アゲハキタキチョウミノムシ(ヒメミノガ幼虫・クロツヤミノガ幼虫)アカハネムシのなかまナミテントウ・コガネムシの仲間幼虫・ハサミムシのなかま・ツマグロオオヨコバイ・カンアオイのなかま(花)・ヤマブキソウ・タケノコ
池:ヤブヤンマ幼虫・ミズムシ・ザリガニ×3・オタマジャクシ(アズマヒキガエル)多数







posted by はけの森調査隊 at 21:28

2013年11月30日

★活動報告 2013 第4回はけの森ミニ調査会

第4回はけの森ミニ調査会 
2013/11/10実施 はけの森2にて  晴  気温21℃  参加16名


秋も深まり飛んでいる虫もほとんどいなくなりましたが、緑地の木のかげや石の下など、あちこちで虫さがし。参加者も多くにぎやかな半日でした。

遊ぶ3人s.jpg

お兄ちゃんお姉ちゃんと一緒に参加した小さな弟や妹達も元気いっぱい。お友達と広い野原をかけまわるのは楽しい。

藁巻cs.jpg         アカマツワラ巻s4363.jpg
しっかりしばってね!

冬ごしの生きもの調べをするため、アカマツとケヤキにワラ巻きをしました。2年前にもワラ巻きの中に入った虫の観察をしたことがあり、テントウムシやゾウムシのなかま・クモ等、いろいろな虫が冬ごしをしていました。
第61回はけの森調査会<ワラ巻きの中をしらべよう!>(11.2.19実施)参照

ジョロウグモs.jpg
ジョロウグモ♀(ジョロウグモ科)

池のそばの木々の間に、ジョロウグモの大きな網(あみ)がかかっていました。巣のまん中にいる大きくて派手(はで)なのは♀で、♂は小さく(♀の半分以下)、すみっこの方にいます。
参考:ジョロウグモ


ヒキガエル見てる.jpg
冬眠(とうみん)しようとしてたところじゃない? 早くもどそうよ・・・

緑地のすみのおち葉やがつもったところに、アズマヒキガエル(ヒキガエル科)がいて、みんな大さわぎ。この緑地には何匹も住みついていて、早春の池には卵がたくさん、6月初め頃には、カエルになったばかりの黒い小さなカエルがピョンピョンはねています。これは、ずいぶんと黄色い個体ですが、アズマヒキガエルの体色はさまざまです。

オオアオイトトンボ1445cs.jpg ハサミムシのなかまs.jpg
オオアオイトトンボアオイトトンボ科)  ハサミムシのなかま

もういないかなーと思っていたオオアオイトトンボ、池の中の竹棒に1匹しずかにとまってました。「トンボを見たい」言っていた初参加の子も、じっくりと見ることができました。

池の生きものs.jpg
ちっちゃいザリガニだ〜
アメリカザリガニ小s.jpg            ドングリ人形s.jpg
アメリカザリガニのこども             ドングリ人形

生きもの観察を終えた後は、ドングリ人形材料のプレゼント(持ち帰り)。<クヌギのドングリとハカマ(ぼうし)・ヨウジ・マツボックリ・輪切りの木材>のセットです。
みなさん、うまく作れましたか?

☆今回も、写真は特別隊員T.K.氏にご協力いただきました。

    
posted by はけの森調査隊 at 17:38

2012年11月27日

★活動報告 2012第4回ミニ調査会

第4回はけの森ミニ調査会 
2012/11/11実施 はけの森2にて  晴れ  気温15℃  参加7名 

はけA121111s.jpg
はけの森緑地2 121111

だいぶ秋めいて、飛び交うものもいないはけの森2ですが、じっくり見ているといろいろな生きものを発見できます。

木の根元調べ.jpg
なにかいそうだよ!

木の根元をさぐると、クモ類がはい出して来たり、また、コガネムシ類の幼虫などもいました。ウメの木には、シラホシコヤガの空マユがついていました。

朽ち木見てる.jpg
これは虫のたまごかなあ? 

昨年〜昨年、カブトムシの幼虫が見つかった場所(丸太積みがボロボロに朽ちている)はもうエサなるようなものがなくなったのか、カブトムシは見つからず、ハサミムシやサシガメのなかまがいました。

コミズムシ2333s.jpg
コミズムシ(ミズムシ科)sp. 約5mm

池の生きもの調べでは、この池では初めてのコミズムシを発見。チョロチョロと元気よく泳ぎ回って、「かわいい、かわいい」とたちまち人気者。このなかまは、風船虫とよばれ、小さな紙切れを入れると、それにつかまって浮き上がって来ると聞いていたので、紙切れを入れて試してみました。はじめ、大きすぎる紙を入れてしまい、少し持ち上げがるところしか観察できずに時間切れとなってしまいましたが、次回見つけたら、もっと小さな紙を入れてゆっくり観察してみようと思っています。
参考 http://kids.tokyo-shoseki.co.jp/kidsap/downloadfr1/htm/err40909/err44132-66.htm

クロイトトンボ若令幼虫2269s.jpg
クロイトトンボ(イトトンボ科)若令幼虫 

クロイトトンボのヤゴも2匹いました。細くてきれいな緑色、とても若いので弱々しい感じです。5月頃羽化します。当日は、オオアオイトトンボのヤゴかと勘違いしてしまいましたが、写真をよく見ると尾鰓(びさい=しっぽ)のもようや頭の形がちがうし、オオアオイトトンボは、卵越冬でした。

ヤゴ調べs.jpg
ヤブヤンマ幼虫とクロスジギンヤンマの幼虫、目の形をくらべてみよう

その他、クロスジギンヤンマのヤゴ×2とヤブヤンマのヤゴ×1、ミズムシなどがいました。クロスジギンヤンマは5月はじめごろに、ヤブヤンマは6月はじめごろの羽化、今は大きさがだいぶちがいます。


posted by はけの森調査隊 at 11:16

2010年04月11日

★活動報告 第1回はけの森ミニ調査会

第1回はけの森ミニ調査会
10/04/03実施 はけの森2にて  晴れ&くもり  気温14℃  参加10名

はけサクラ.jpg はけスジグロ.jpg

サクラは満開(まんかい)、カントウタンポポもさきはじめ、久しぶりの春らしい陽気となりました。まだ新学期ははじまっていませんでしたが、進級したり新1年生になった子どもたちは元気に緑地の生きもの観察をしました。

捕虫網.jpg
チョウチョだ!

この日何頭か飛んでいた白いチョウは、皆スジグロシロチョウでした。去年この緑地のムラサキハナナにいたツマキチョウの幼虫を観察のため育てていたのですが、それがサナギとなり冬を越し、4月2日にメスが羽化したので、これも皆で見ました。

朽ち木.jpg ムカデだ.jpg
何かいそうだよ                                     ムカデだ!              

くち木やその下の土の中をしらべました。トビズムカデ・ヤスデのなかま・ハサミムシのなかま・アリのなかまなどが見つかりました。

ホウノキの朽ち木.jpg 調べる.jpg
木はボロボロになってるけど・・・    かいたいなー、でももどそうね

去年の6月6日第2回ミニ調査会では、トチノキの古丸太にコクワガタなどがいましたが、ここには何もいなくて、別の場所でコクワガタ幼虫×4・成虫♂♀を見つけました。

はけ1の池.jpg
ウーン、おち葉ばっかりだなー

はけの森2の池は修理したばかりなので、市の許可(きょか)を得て、ふだんは入れないはけの森1に入らせてもらい、おち葉でいっぱいの池のそうじ&生きものさがしをしました。

☆今回の調査会で観察したものはこの後の記事で紹介します。

posted by はけの森調査隊 at 09:41