2019年02月20日

★活動報告 第85回はけの森調査会<もっと知りたい!冬の虫>

第85回はけの森調査会<もっと知りたい!冬の虫>報告

19/02/17(日)10:00〜12:00  くもり後はれ 気温11℃  参加52名
コース:野川公園北門(二枚橋)〜わき水広場

寒い朝ではありましたが、時々は日差しもあり、とても大勢の参加者を得て、元気いっぱいの調査会となりました。

トイレの周り0004.jpg

冬の虫たちは、よく建物の壁や軒下などで越冬しています。まずは集合場所のトイレまわりから観察をはじめます。

ウスバフユシャク♀4000s.jpg
ウスバフユシャク(シャクガ科) 体長約10mm

冬に成虫が発生するシャクガ科のガのことをフユシャクと呼びます。♀の翅は、無いか少ししかなく、飛ぶことができません。とてもガとは思えないような形をしています。フェロモンを出して♂を呼びます。

シロフフユエダシャク♂3964cs.jpg
シロフフユエダシャク♂(シャクガ科)前翅長約18mm

この個体は黒っぽい色をしていますが、白っぽいものの方をよく見かけます。♀には少し翅があります。フユシャクの多くは夕方〜夜に活動するので、昼間はジッとしています。

ニトベミノガ空蓑別4011.jpg
ニトベミノガ幼虫 蓑の大きさ約30〜40m

オオミノガかと思っていたのですが、後でよく見たらミノに脱皮時の頭の殻がついているので、ニトベミノガでした。蓑には、ビニール紐のようなものもついています。

ネグロミノガ幼虫3971s.JPG
ネグロミノガ幼虫 蓑の大きさ約22mm

小さくて目立たないミノムシですが、意外とあちこちの壁や、フェンスについています。
☆ミノムシについては、第78回調査会<ミノムシを捜そう!>をご参照ください。

アオスジアゲハ蛹殻3973s.jpg
アオスジアゲハ(アゲハチョウ科)サナギ殻

クスノキの葉に、この木を食樹とするアオスジアゲハのサナギ殻がついていました。

出発0006s.jpg
さあ、出発。

エノキ上り0011s.jpg
木登りには絶好の枝ぶり、ゴマダラチョウ幼虫の食樹であるエノキです。

クワコの繭見てる0007s.jpg
中には何が入っているの?

川沿いにたくさん生えているヤマグワのあちこちに、クワコの空きマユがついていました。成虫が出た後のサナギ殻が入っています。卵で越冬します。

クワコの空マユ3980cs.jpg
クワコ(カイコガ科)の空きマユ

クワコは、その名のとおり、クワの葉を食べて育ちます。これを家畜化したのがカイコです。カイコは飛ぶことができませんが、クワコは普通にとぶことができます。

クワコ弱令幼虫4052s.jpg
参考:クワコ若令幼虫 110731

川の中0016.jpg
川の水が少なくなっていて、川底を歩ける場所もあります。

テントウムシ!0008.jpg
アッ、テントウムシ!

用水路0015.jpg

用水路には、シロタニガワカゲロウ幼虫やニンギョウトビケラ幼虫、カワニナ・ヒルなどがいました。

アマリチビミノガ2454s.jpg

観察センター脇の橋を渡って、野川第2公園へ。フェンスにたくさんの小さなミノムシがズラーっとついています。

アマリチビミノガ2446s.jpg
アマリチビミノガ幼虫(ミノガ科)蓑の大きさ約13mm

山梨県甘利山山麓で初めに発見された種。このミノムシは、昨年隊長大橋が発見、以前講師に来ていただいた新津修平氏に問い合わせたところ、氏が採集・研究され、関東地方平野部での初採集記録報告として、2018年の秋「蛾類通信No.287(日本蛾類学会)」に発表されました。(標題「東京で初めて見つかったアマリチビミノガ」)

ミノムシカード見てる0018s.jpg
このカードにも出ているよ

マダラマルハヒロズコガ幼虫4014cs.jpg
マダラマルハヒロズコガ幼虫(ヒロズコガ科)ミノの大きさ約12mm

隊員OBのT.O.君(小6)が樹皮の間にいるのを見つけました。通称ツヅミミノムシとよばれているもので、ミノはくち木や土できています。小昆虫(特にアリ)、腐植物等。


林を行く0017s.jpg
樹林地を行く

ウスバフユシャク♂や、シロフフユエダシャク♂を見つけた子もいました。

ゴマダラ幼虫さがし0026.jpg
なかなか見つからない・・・

エノキの落ち葉について越冬するゴマダラチョウの幼虫をさがしました。

ゴマダラチョウ幼虫4025s.jpg
ゴマダラチョウ4令幼虫 約15mm

「これかな?」、参加者のお父さんが見つけました。個体数の少ない中、昨年と今年、2年続けて1匹づつ見つけることができたのはとてもうれしいことです。


水生昆虫観察0030s.jpg
なにかうごいているよ・・・

わき水広場の小川で、水の中の生きものさがし。小さな生きものがたくさん見つかりました。

採集物見てる0038s.jpg
いっぱいとれたね〜〜

虫見てる0050s.jpg

採れたものを、皆で見ながら、スタッフの説明を聞きました。

水生昆虫4031s.jpg
フタツメカワゲラ幼・ミナミヌマエビ・オニヤンマ幼・コカクツツトビケラ・カワニナ

いろいろな生きものが、それぞれの場所で活動していたり、ジッと冬越ししたりしていることがわかり、楽しい半日でした。



posted by はけの森調査隊 at 10:08

2018年03月15日

★活動報告 第82回はけの森調査会<冬ごしの虫をさがそう!A>報告

第82回はけの森調査会<冬ごしの虫をさがそう!A>報告
18/02/18(日)9:30〜12:00  はれ 気温9℃  参加20名
コース:野川公園北門(二枚橋)〜わき水広場
  
2月の風は冷たいけれど、集まった子どもたちは元気いっぱい、まずはトイレのまわりから観察開始。

ブドウトリバ(トリバガ科)開帳15mm

ヒメアカボシテントウ2297s.jpg
ヒメアカボシテントウ(テントウムシ科)約4mm

マダラマルハヒロズコガ幼虫s.jpg

テントウムシ1Q1A_09634_1_1.jpg
テントウムシ(テントウムシ科)約8mm

トイレのカベで、ブドウトリバ・ヒメアカボシテントウ・ネグロミノガ幼虫・ヒメミノガ空ミノ・虫の卵やサナギがら等を、樹の枝かげで、マダラマルハヒロズコガ幼虫やテントウムシ(ナミテントウ)を見つけました。

出発.jpg
風がつめたいね〜〜          A.K.氏撮

まずは川べりを歩きます。

カルガモ.jpg
カルガモ(カモ科)          A.K.

セグロセキレイJPG.JPG
セグロセキレイ(セキレイ科)   A.K.  

ハクセキレイ.JPG
ハクセキレイ(セキレイ科)       A.K.

セグロセキレイは目のあたりから頬(ほほ)〜肩〜胸まで黒く、ハクセキレイは、目を通る黒い線(過眼線:かがんせん)があるだけで、頬は白いのが見分けのポイントです。

オオカマキリ卵鞘s.jpg
オオカマキリ(カマキリ科)卵鞘 A.K. 

クワコ空き繭2323.jpg
クワコ(カイコガ科)空きマユ約30mm

川岸に数本並んでいるクワの木にいろいろなものがついていました。オオカマキリの卵鞘(らんしょう)は、合計5個、5月ごろに孵化します。クワコはカイコの原種で、年2化、成虫は初夏〜秋に見られます。卵越冬なので、冬に見られるマユは空きマユです。

キアシナガバチ(スズメバチ科)空巣    

キアシナガバチ野川s.jpg
参考:キアシナガバチ営巣 150531

クワの木には、古いハチの巣もついていました。セグロアシナガバチの巣と似た形をしていますが、屋根が山型になっているので、キアシナガバチの巣とわかります。まだまだ大きくなるはずなのに、途中でダメになってしまったようです。第74回調査会(150531実施)では、同じクワの木で営巣中のキアシナガバチを観察しています(写真右)。

ヤモリ見てるs.jpg
ここになにかいるよ〜

ヤモリ幼体2336vs.jpg         
ニホンヤモリ(ヤモリ科)幼体

子どもたちが、観察センターの窓わくのかげにいる、足の先だけが見えている小さな生きものを見つけました。そーっと動かしてみたら、寒くてかたまっているヤモリの子どもでした。

シモフリトゲエダシャク♀2343s.jpg
シモフリトゲエダシャク♀(シャクガ科) 体長約15mm

いつもとコースを変えて、観察センター裏の中之橋歩道橋)を渡り、南側の野川公園に入りました。東八道路沿いの道を歩いて行くと、クヌギの幹にフユシャクの♀がいました。フユシャクの♀は、翅が全く無いか小さな翅があるくらいで飛ぶことができません。フェロモンで♂を呼びます。

ヒロバフユエダシャク♀2348s.jpg
ヒロバフユエダシャク♀(シャクガ科) 体長約10mm

コナラの樹の幹にもフユシャクの♀がいました。やはり翅がちょっとしかありません。フユシャクのなかまは夜行性のものが多いので、昼間はなかなか見つからないものですが、樹の幹やカベやフェンス脇等をたんねんに見ていくと、昼間でもジッととまっていることがあります。

シモフリトゲエダシャク♂s.jpg
参考シモフリトゲエダシャク開長約50mm

ヒロバフユエダシャク♂0029s.jpg
参考 ヒロバフユエダシャク♂開長約38mm

シモフリトゲエダシャク♂はフユシャクの中で最大の大きさ(写真はウェブサイトより拝借)、ヒロバフユエダシャク♂は第76回調査会(160221実施)で観察しています。

クヌギカメムシ卵2377cs.jpg
クヌギカメムシ(クヌギカメムシ科)卵塊
  
ロウバイs.jpg
ソシンロウバイ(ロウバイ科)   A.K.

参加者のお父さんがクヌギの幹のわれ目のすき間にクヌギカメムシ卵を見つけました。これによく似たヘラクヌギカメムシを、第76回調査会(160221実施)で観察しています。

ゴマダラチョウ幼虫さがし0014s.jpg
ウーン、なかなかみつからない〜

一之橋(歩道橋)を渡って北側の野川公園へ戻り、わき水広場に到着。まずは、エノキの葉うらで越冬しているゴマダラチョウさがし。なかなか見つからない中、ようやくスタッフの上田さんが1匹見つけました。

ゴマダラチョウ幼虫2389s.jpg

エノキのまわりのおち葉にくっついて冬を越した幼虫は、ちょうど葉が芽吹く頃(4月はじめ)に樹を上り、葉を食べて大きくなり、5月頃に羽化します。おち葉の中には、エサキモンキツノカメムシやクモもいました。

わき水広場0017s.jpg
オッ、何か小さいのがいるぞ!

広場の流れで水の中の生きものしらべ。夏の頃流れのまわりに茂っていた木が整理されて明るくなり、いつもより水は少なめでしたが、いろいろなものが網に入りました。

採ったものを見る0027s.jpg
オニヤンマはおとなになるまで4年も5年もかかるんだよ

オニヤンマ若令幼虫×10.jpg
オニヤンマ(オニヤンマ科)幼虫×13    

サワガニ2365cs.jpg
サワガニ(サワガニ科)

オニヤンマやサワガニは、きれいな水に住む代表的な生きものです。

水生生物0044s.jpg
水の中の生きもの6種

左からフタツメカワゲラ幼虫×5・フタスジモンカゲロウ幼虫×2・カワニナ×2・ミズムシ×3・ヘビトンボのなかま幼虫(若令)・オナシカワゲラ幼虫×2。
いろいろな生きものがそれぞれの場所でしっかりと冬を越していることを実感できた調査会でした。


posted by はけの森調査隊 at 13:42

2015年12月10日

★ガ クロスジフユエダシャク

クロスジフユエダシャク♂6786s.jpg
クロスジフユエダシャク♂(シャクガ科)開帳約25mm 111216

冬になったなあ〜と思う頃ころ、かれ葉色をした小さなガが雑木林のかれ葉の上をチラチラと飛び始める。冬に成虫が発生し、繁殖(はんしょく)活動を行うガのなかまで、それらは総称して「フユシャク」と呼ばれている。

クロスジフユエダシャク♂6700s.jpg
クロスジフユエダシャク♂ 111216

フユシャクのなかまは、口が退化していて、エサをとらないものが多い。♀は翅が退化していて、無いか、ほんの少しあるくらいで飛べない。♂と♀がまるでちがう形をしている。

クロスジフユエダシャク♂6710s.jpg
クロスジフユエダシャク♂ 111216

たいていのフユシャクは夕方〜夜に活動するが、この種は昼間活動する。飛ぶ虫の少なくなったフィールドでは、ついつい追いかけてしまうが、とまったかと思うとかれ葉にまぎれ、またすぐに飛び立つのでカメラにおさめにくい。

クロスジフユエダシャク♂6708 遠景cs.jpg
クロスジフユエダシャク♂ 151208

かれ葉すれすれに低空飛行をしながら、ちょっととまってはまたウロウロと飛び回っているのにはワケがあるのだった。
こちらのサイトにとても詳しく書かれているのでご参考に。

posted by はけの森調査隊 at 12:10

2012年03月07日

★ガ イラガのマユ シロフフユエダシャク  ★その他の昆虫 コカマキリ卵鞘 等

第64回はけの森調査会<冬ごしの生きものはどこにいる?>で観察したものB

イラガのマユ7558s.jpg
イラガ(イラガ科)のマユ  マユの大きさ11mm  わき水広場のイロハモミジ  120219

コカマキリ卵鞘7478cs.jpg
コカマキリ(カマキリ科)の卵鞘(らんしょう) 自然観察園のフェンス   120219

フユシャクのなかま♀7480s.jpg ネグロミノガ7535s.jpg
フユシャクのなかま♀ 120219     ネグロミノガ(ミノガ科)幼虫 120219

シロフユエダシャク7403s.jpg
シロフフユエダシャク♂(シャクガ科) 前翅長約19mm  トイレの中や付近の木 120219

カワゲラのなかま7489s.jpg
カワゲラ(カワゲラ科)のなかま 体長約20mm わき水広場  120219

エサキモンキツノカメムシ7484cs.jpg
エサキモンキツノカメムシ(ツノカメムシ科)体長約11mm わき水広場のおち葉  120219 

   
posted by はけの森調査隊 at 08:29

2012年02月29日

★活動報告 第64回はけの森調査会<冬ごしの生きものはどこにいる?>

第64回はけの森調査会<冬ごしの生きものはどこにいる?>
12/02/19(日)9:30〜12:00 晴れ 気温8℃  参加18名
コース:野川公園入り口〜わき水広場


もみじ橋を望む7534.jpg
みずき橋をのぞむ 120219

例年になくとても寒い日が続いていましたが、この日は風もなく、おだやかな観察日和となりました。木々の芽吹きや花も例年より遅れ気味で、シダレヤナギはほんの少し赤みをおびているくらいです。

  ウスバフユシャク♂7393s.jpg      クロテンフユシャク♂7494s.jpg
   ウスバフユシャク(シャクガ科)♂    クロテンフユシャク(シャクガ科)♂

集合場所のすぐそばにあるトイレは、いろいろな生きものの冬ごしの場所になっています。フユシャクのなかまは夜活動するものが多く、このあたりで多く見られる上記2種(前羽の長さ約15mm)もかべにジッととまっていました。
参考:ウスバフユシャク近似種比較

ナミテントウ集団越冬@7507cs.jpg
ナミテントウ(テントウムシ科)集団越冬  120219

を見ると、天井とかべのさかいめや外ののき下に、ナミテントウが数匹ずつの集団になってじっとしていました。内と外、全部合わせると100匹以上になります。昨年11月30日に、このトイレのまわりや自動販売機のまわりに600〜700匹位のナミテントウが集まっているのを観察しています。それらのうちの一部が居残ったものかどうかはわかりません。

ヨコヅナサシガメ幼虫7412S.jpg サシガメ見てる.jpg
ヨコヅナサシガメ幼虫サシガメ科集団越冬 120219

野川べり幼虫探し7477s.jpg
川べりでベニシジミの幼虫さがし 120219

木のくぼみで集団越冬しているヨコヅナサシガメの幼虫やトチノキの冬芽を見たりしながら歩き、その後は川べりにおりて、ベニシジミの幼虫さがし。ギシギシやスイバ(タデ科)が食草です。新しい食べあとのある葉の根元(ねもと)ふきんがポイント。ベニシジミは幼虫で越冬し、春早く(3月中旬)に羽化します。この日は見つかりませんでしたが、1年のうちに何度も発生するので、次回調査会でもまたさがしてみましょう。

コムラサキ幼虫見つけ!2911s.jpg コムラサキ越冬幼虫@2962s.jpg
ここにいるよ!        コムラサキ越冬幼虫(タテハチョウ科)@ 120219

コムラサキ越冬幼虫A2977cs.jpg    コムラサキ幼虫cs.jpg
コムラサキ越冬幼虫A 8mm 120219

コムラサキ越冬幼虫は、第58回調査会(201020)ではじめて発見、その後、2011年2月(次の冬)には隊員のJ.W.君、2011年12月(今回の冬)にはスタッフが、同じシダレヤナギの木で確認していますが、皆で一緒に観察するのは58回調査会以来2回目です。はじめに見つけた1匹はスタッフが確認ずみのもの@でしたが、初参加のT.T.さんが新たにもう1匹の幼虫Aを発見、皆大喜び。
(野川公園パークレン
ジャーの方の話によると、数日前にはこの同じ木に3匹いたとのこと

ゴマダラ幼虫さがし3003s.jpg
ゴマダラチョウの越冬幼虫さがし 「ウーン、いないなー」 120219

わき水広場のエノキの大木の根元で、ゴマダラチョウ越冬幼虫をさがしました。第58回調査会(100304)では、ここで1匹見つかりましたが、今回は見つかりませんでした。おち葉の中には、キバラモクメキリガエサキモンキツノカメムシワカバグモなどがいました。

ゴマダラ・オオムラ・アカボシ越冬幼虫3038s.jpg
ゴマダラチョウ・オオムラサキ・アカボシゴマダラの越冬幼虫

特別隊員K.K.氏のご協力により、狭山や小平市であらかじめ採集しておいた幼虫たちを見ながら、K.K.氏のお話を聞きました。おち葉の下でジッと冬越しした幼虫達は、エノキの葉が芽ぶく頃、葉のあるところまで上って行きます。第63回調査会(110717)では、この広場の上空を飛ぶゴマダラチョウやアカボシゴマダラ成虫を観察しています。暖かな日射しに、オオムラサキ幼虫が動き出したので急いで日かげに収納。

水中の生きものさがし3061.jpg 水中の生きもの解説3120s.jpg
水中の生きものさがし          とったものをみんなで観察

わき水広場の流れで、水の中をさぐって見ました。川底のおち葉の中に、オニヤンマ幼虫カワゲラのなかま幼虫ガガンボ幼虫・アメリカザリガニ幼体・ミズムシなどがいました。また、川べりにカワゲラのなかま成虫もいました。

ドングリ見本贈呈3133.jpg
ドングリクラフト贈呈(ぞうてい)式 「これからもずーっときてねー!」
ドングリ見本3153s.jpg

調査会出席回数が9回以上になった隊員M.I.君にドングリクラフトがプレゼントされました。この日出席できなかった隊員のY.K.君とS.N.君にも届けます。
寒さの中でも、いろいろな生きものたちがそれぞれに冬ごししているようすを知るごとができた楽しい調査会でした。
☆この日観察した生きもののいくつかは、このあとの記事で紹介します。

***********************************************************************************************
<感想集>

調査会の後、3人の方からお便りをいただきました。ありがとうございます!了解を得てここに転記します。

★A.N.君より★
今日はどうもありがとうございました。
たくさんの発見があり、とても勉強になりました。
コムラサキの幼虫が見つかったのは嬉しかったです。
ぜひ今度は自分でも探してみます。

★S.A.さんより★
きのうはありがとうございました。
まず、「男女それぞれのトイレに行って」と言われ、なんでわざわざそんな当たり前の事言うんだろう、と思ったら、虫を探せ、という意味だったと、やっと納得。まず、ここで「虫探し」の世界に引き込まれました。
「テントウムシ」などと初めから言わないので、見つけた時のワクワク感が大きかった。あんなところにいるんだ、と冬ごもりのけなげな様子が伝わってきました。
スイバやエノキや枯葉で幼虫を探したので、そのときは気づかなかったけど、あとから、それらがはっきりと見えてきました。自分でもびっくり。

ヨコヅナサシガメやエサキモンキツノカメムシは本で見ていたけど、実物を見ても自分だけでは多分わからなかったと思うので、ぜひ彼らの越冬の様子を見たいと思っていました。
ゴマダラ幼虫なども、見せていただけて、良かったです。(なにせこの冬探しまわっていたので)
 
しまった、と思ったのは、最後にヤゴ(オニヤンマですよね?)が見れたのに、しっかり見なかったこと。どこで、オニヤンマとわかるのか、ちゃんと聞けば実物で説明してもらえたのに、大事な機会を逃してしまいました。
枯葉を水からすくって、いろいろな生物を探すのは、とても素敵だな、と思いました。すぐ何だかわかる実力がすごい。
 
何から何まで物珍しく、ワクワク感一杯の半日でした。
何といってもコムラサキの越冬幼虫を見れたことが最高でした。
空が青く広かったのも、素晴らしかったです。
ありがとうございました。

★T.T.さんより★
先日はお世話になりました。
冬晴れのなか、のんびり日ざしを浴びて、生物の不思議な営みを教えていただき、驚きの連続でした。
冬枯れの林の中、あんなに生物が姿を変えてひそんでいるなんて!!共生しているんですね。
楽しいひとときでした。
一日中、自然の中で過ごしたので、フワフワした気分で帰路につきました。

   
   



  


  
posted by はけの森調査隊 at 14:25

2009年02月27日

★ガ ウスバフユシャク

第55回調査会<野川冬マップ2>で観察したもの(4) 09/02/21実施

090221usubahuyushaku♂.jpgウスバフユシャク♂











09022kurotennhuyushaku♂s.jpgクロテンフユシャク♂













posted by はけの森調査隊 at 13:52